[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の同僚が“捕邪飛タッチアップ” 22号直前の好プレーに米注目「美しかった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、自己最多タイとなる22号2ランを放った。この直前、同僚のデビッド・フレッチャー内野手がチャンスをお膳立て。味方打者の捕邪飛で、隙を突いて二塁へタッチアップ。守備の乱れの間に三塁を陥れた。実際の映像を米記者が公開。「高次元のベースランニング」「見たことがない」などと反応している。

フレッチャー(左)の好走塁の後に大谷翔平が2ランを放った【写真:AP】
フレッチャー(左)の好走塁の後に大谷翔平が2ランを放った【写真:AP】

大谷の同僚フレッチャー、好走塁で好機演出

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、自己最多タイとなる22号2ランを放った。この直前、同僚のデビッド・フレッチャー内野手がチャンスをお膳立て。味方打者の捕邪飛で、隙を突いて二塁へタッチアップ。守備の乱れの間に三塁を陥れた。実際の映像を米記者が公開。「高次元のベースランニング」「見たことがない」などと反応している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷の打席前に、チャンスを演出した。3回無死一塁、1番アップトンが捕邪飛を打ち上げた。タイガースの捕手ロジャーズがこれを捕球。投手ペラルタへ、ふんわりとボールを投げ渡した。この隙を突いて一塁走者フレッチャーがタッチアップ。気付いたペラルタが急ぎ二塁へ送るが、これが中前へ逸れてしまう。フレッチャーは一挙に三塁まで進んだ。

 この後、大谷の22号2ランが炸裂。エンゼルスがリードを広げた。フレッチャーのタッチアップ映像を、米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者がツイッターに公開。文面では「そしてこれがデービッド・フレッチャーによる高次元のベースランニングだ」と称えた。全米野球記者協会のメンバーであるJ.P.ホーンストラ記者も「こんなの見たことがない」とツイートしていた。

 米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏も「デービッド・フレッチャーが本塁後方へのファールフライでタッチアップをした。最終的には三塁へ到達。本当に美しかった。これでホームがさらに近くなった状況でオオタニを迎えた」とツイッターで称賛した。フレッチャーはこの試合、3打数3安打2打点と活躍。8-3の勝利に貢献している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集