[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 浅田真央の軌跡、「涙、そして笑顔」あの感動をもう一度…五輪公式が回顧

浅田真央の軌跡、「涙、そして笑顔」あの感動をもう一度…五輪公式が回顧

平昌五輪開幕まで1週間を切った。今大会の再注目競技として挙げられるのはフィギュアスケートだろう。五輪公式ツイッターでは「Tears and a smile(涙と笑顔)」と題して、同種目のバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さんの特集動画を紹介。大きな反響を読んでいる。

バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん【写真:Getty Images】
バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん【写真:Getty Images】

バンクーバーの銀、そしてドラマチックなソチでの演技 浅田真央の「涙と笑顔」

 平昌五輪開幕まで1週間を切った。今大会の再注目競技として挙げられるのはフィギュアスケートだろう。五輪公式ツイッターでは「Tears and a smile(涙と笑顔)」と題して、同種目のバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さんの特集動画を紹介。大きな反響を読んでいる。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 あの感動がよみがえり、そして涙を誘われる――。2014年ソチ五輪での転倒のシーンからのスタート。そして銀メダルを獲得した2010年のバンクーバー五輪へとフラッシュバックし、そして、記憶にも新しい4年後のソチ五輪でのドラマチックな“出来事”が紹介されている。

 ショートプログラム(SP)の16位から、フリーではトリプルアクセルなど全6種類の3回転ジャンプを着氷させ、自己ベストの142・71点をマーク。6位まで巻き返し、2大会連続の入賞をなし遂げたソチ五輪の名シーンの一つだ。

 約1分間の動画は字幕つき。「2010年のバンクーバー五輪で銀メダリストとなった後、マオ・アサダは彼女の持つ全てのエネルギーを2014年のソチ五輪に注ぎ込んだ。4年間の過酷な猛特訓。不運なことに、本番のSPでミスを犯してしまい、彼女は失意の16位となった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー