[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青木瀬令奈、1470日ぶり優勝掴んだ“静”の姿勢 引退よぎった28歳が辿り着いた境地

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは13日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で最終日が行われ、4打差2位で出た青木瀬令奈(フリー)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算17アンダーで逆転勝利を収めた。2017年ヨネックスレディス以来、1470日ぶりのツアー通算2勝目。上位2選手に与えられる海外メジャー「AIG女子オープン」(8月19~22日、スコットランド・カーヌスティGL)の出場権を獲得した。

1470日ぶりのツアー通算2勝目をあげ、トロフィーを手にポーズをとる青木瀬令奈【写真:Getty Images】
1470日ぶりのツアー通算2勝目をあげ、トロフィーを手にポーズをとる青木瀬令奈【写真:Getty Images】

4打差逆転Vの28歳「気持ちの浮き沈みを抑えようと」

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは13日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で最終日が行われ、4打差2位で出た青木瀬令奈(フリー)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算17アンダーで逆転勝利を収めた。2017年ヨネックスレディス以来、1470日ぶりのツアー通算2勝目。上位2選手に与えられる海外メジャー「AIG女子オープン」(8月19~22日、スコットランド・カーヌスティGL)の出場権を獲得した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 絶好調の稲見萌寧を止めたのは、28歳のプレーヤーズ委員長だった。4打差で出た青木は9番で首位に並び、11番で単独首位に立った。16番のバーディーで突き放し、追ってくる若い選手たちを1ストローク、寄せ付けなかった。

 4年ぶりに掴んだ栄冠。今年は13試合で5度の予選落ちなど苦しんでいた。「長かったです。今年は不振だったので、しんどかったです。そんな中、大変な時も支え続けてくれた大西(翔太)コーチに感謝の気持ちでいっぱいです。今日のプレー中も笑わせようとしてきたのですが、笑わないと決めていたので」。優勝インタビューでは涙した青木が、記者会見場で笑顔を輝かせた。

 ティーオフ前から「絶対に優勝する」と心は熱かったが、気持ちは“静”に徹した。「気持ちの浮き沈みが激しいので、そういうのを抑えようと。表情筋から無にしてやろうと。『心拍数と気持ちは低い位置に』というのはずっと心がけていました。ずっとしれっとやっていました」。バックナイン。痺れるような優勝争いにも、心が高揚しないように努めた。

 常に冷静に――。親交のあるレーシングドライバー・松下信治との会話の中でヒントを得た。こんなエピソードを明かしていた。

「レーサーの方って平常心を保つみたいなトレーニングを凄くするみたいなんです、『0.1秒』の世界で判断が間違えば、本当に大事故に繋がって命を落としかねないという中で戦っている。そういう中でも平常心を保てるようなトレーニングをやっていると聞きました」

 昨年はF2に参戦、今年からスーパーフォーミュラのシートに座る1学年下の松下からのアドバイスを実践。スマホのアプリを使ったトレーニングを就寝前のルーティンにするようになったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集