[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、4打差逆転負けに涙声「凄く悔しい」 3日目独走も「単独首位から負けは初」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは13日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た稲見萌寧(都築電気)は3バーディー、3ボギーの72とスコアを伸ばせず、通算16アンダー。青木瀬令奈(フリー)に逆転を許し、2位に終わった。

最終18番でバーディーパットを外し、天を仰いで悔しがる稲見萌寧【写真:Getty Images】
最終18番でバーディーパットを外し、天を仰いで悔しがる稲見萌寧【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは13日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た稲見萌寧(都築電気)は3バーディー、3ボギーの72とスコアを伸ばせず、通算16アンダー。青木瀬令奈(フリー)に逆転を許し、2位に終わった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 入れればプレーオフに持ち込めた18番、8メートルのバーディーパットはほんのわずかに外れた。この瞬間、膝をついて悔しがった。青木が2パットでパーとし、稲見は優勝に届かず。悔し涙があふれた。

 4打のリードで迎えた最終日はショットが乱れた。スコアを伸ばせずに迎えた9番で第2打を右に外し、ガードバンカーへ。リカバリーで寄せきれず、5メートルのパーパットも右を抜けてボギーを叩いた。今大会63ホール目で初めてのボギー。この時点で首位に並ばれた。

 10番のバーディーでバウンスバックに成功したが、11番パー3で今大会2つ目のボギー。首位から陥落すると、14番でもボギー。15、17番で獲り返して1打差に迫ったが、最後は力尽きた。

 ホールアウト後の会見。「今日はティーショットも、アイアンショットも荒れてしまった。チャンスにつかないというところで、一つのミスが大きかった」と涙声で振り返った。さらに「一番は単独トップで出て負けたのが初めて。自分のミスで負けたということのほうが大きい。それが凄い悔しいです」と唇をかみしめた。

 上位2選手に与えられる海外メジャー「AIG女子オープン」(8月19~22日、スコットランド・カーヌスティGL)の出場権を獲得。出場については「まだ決めてはいないのですが、もうちょっと時間はあると思うので考えたい」と話すにとどめた。残り2戦となった東京五輪代表争いについては「あと2戦というより、前半戦もあと2戦という感覚。しっかり調整して、全部優勝争いにからめるように頑張りたい」と気合を入れ直した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集