[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラーが空振り? まさかの“エア・ボール”が話題「彼が人間だと確認できた」

男子テニスの世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)は、26日の全豪オープン準決勝で同58位のチョン・ヒョン(韓国)と対戦。6-1、5-2とリードした第2セット途中に相手が途中棄権となり、大会7度目の決勝進出を果たした。21歳の新星に貫禄を見せつけた一方で、試合中には珍しく“空振り”する場面も発生。大会公式ツイッターが動画付きで紹介すると、「彼が人間だと確認できた」などと話題を呼んでいる。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

全豪OP準決勝・チョン・ヒョン戦の第1セットに“スイングミス”で会場騒然

 男子テニスの世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)は、26日の全豪オープン準決勝で同58位のチョン・ヒョン(韓国)と対戦。6-1、5-2とリードした第2セット途中に相手が途中棄権となり、大会7度目の決勝進出を果たした。21歳の新星に貫禄を見せつけた一方で、試合中には珍しく“空振り”する場面も発生。大会公式ツイッターが動画付きで紹介すると、「彼が人間だと確認できた」などと話題を呼んでいる。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 完全無欠の帝王も1人の人間だった。

 世界ランク4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破るなど、今大会最大のサプライズを演じてきたチョン・ヒョンを迎え撃ったフェデラー。第1セットの第1ゲームをいきなりブレークすると、第5ゲームでもサービスゲームを破り、瞬く間に5-1とリードを奪った。

 迎えた第7ゲーム、チョン・ヒョンのリターンを回り込んでフォアハンドで打ち返そうとしたフェデラーだったが、想定よりも弾まなかったのか、ラケットはボールの上で空を切った。ボールをぎりぎりまで見極め、正確無比なショットを放つことで知られる男のまさかの光景に、実況は「おっと…スイングミスですね」と苦笑。会場も驚きが混じった歓声に沸いた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集