[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、プロ初ホールインワンの13番で悪夢のトリプルボギー「もったいなさすぎ」

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは2日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差2位から出た原英莉花(日本通運)は3バーディー、2ボギー、1トリプルボギーの74。通算4アンダーの3位だった。

原英莉花【写真:Getty Images】
原英莉花【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは2日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差2位から出た原英莉花(日本通運)は3バーディー、2ボギー、1トリプルボギーの74。通算4アンダーの3位だった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 スタートから2連続バーディー。首位に並ぶ場面もあった原だが、痛恨は13番だった。前日(1日)にプロ初のホールインワンを達成したショートホール。しかしティーショットでショートすると、5メートルのパーパットはオーバー。返しの下りのパットでもオーバーし、今度はダボパットもオーバーと行ったり来たり。結局4パットのトリプルボギーで、優勝争いから後退した。

 強い風にリズムを狂わされたようで、「めっちゃ行ったり来たりしちゃったし、たらればですけど、もったいなさすぎですよね。風がビュンビュン吹き過ぎて、自分の打つタイミングを見計らい過ぎて、自分のストロークがうまくできなかったです」と振り返った。

 それでも18番のパー5は果敢に2オンを狙い、最後はイーグル逃しのバーディー。「そんなに甘くないですよね。17番も短いバーディーパットだったし、16番もカップかすったし、15番も3メートルくらいだったし、入れられるパットはいくらでもあったので、そっちのほうが悔しいですね」と話した。

 次週は2021年のメジャー初戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」(6~9日・茨城GC東C)。今季メジャー2勝の原は「この悔しさを結果につなげたいですね。やっぱり勝ちたいです」と切り替えている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集