[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子、693日ぶり優勝で通算16勝目 34歳が2打差逆転、POでは“桃子対決”制す

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは2日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差の2位から出た上田桃子(ZOZO)が1ボギーの73をマーク。通算5アンダーで並んだ大里桃子(伊藤園)とのプレーオフを制し、2019年のヨネックスレディス以来、693日ぶりの優勝を飾った。USLPGA資格で出場した11年ミズノクラシックを含む、通算16勝目。

プレーオフを制し、2年ぶりの優勝を飾った上田桃子【写真:Getty Images】
プレーオフを制し、2年ぶりの優勝を飾った上田桃子【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは2日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差の2位から出た上田桃子(ZOZO)が1ボギーの73をマーク。通算5アンダーで並んだ大里桃子(伊藤園)とのプレーオフを制し、2019年のヨネックスレディス以来、693日ぶりの優勝を飾った。USLPGA資格で出場した11年ミズノクラシックを含む、通算16勝目。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 多くの選手が強風に苦しむ中、2位から出た上田は我慢のゴルフを展開。14番までパーを続けた。15番で初めてボギーを打ったが、大里と並んでいた18番はパーセーブした。

 9番パー3でのプレーオフ1ホール目は共にパー。2ホール目では大里がティーショットをバンカーに入れボギー。一方の上田はティーショットでグリーンに乗せ、最後は80センチのパーパットを沈め優勝。両手を掲げガッツポーズを繰り出した。

 ホールアウト後の会見で上田は「今日も風が強かったけど、全英の時はこれよりももっと強かったので(キャディーを務めた辻村コーチから)『全英より弱いだろ』と言われて、それぐらい余裕をもって回ろうねと、行きの車の中でも話してたので、そういう経験もすごく生きてるなって思いますし、まさかバーディーが1個も来ずに勝てるというのも本当に珍しいと思うので、我慢してれば良いことあるなというのは学べたかなと思います」と振り返った。

【主な選手の最終成績】※はアマチュア
優勝(-5)上田桃子
2位(-5)大里桃子
3位(-4)柏原明日架、山下美夢有、穴井詩、セキ・ユウティン、稲見萌寧、原英莉花、※岩井明愛
10位(-3)古江彩佳、西村優菜

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集