[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スローイン“拒否”して相手が得点 スター選手の怠慢ぶりを米報道「何やってんの?」

26日(日本時間27日)に行われた米プロバスケットボール(NBA)の試合で、スター選手のあるプレーに注目が寄せられている。スローインの際、審判からボールを投げ渡されるも手で払い除けたのだが、そのボールがコート内に入ってしまったことで相手が得点。実際の映像を米メディアが公開すると、ファンからは「アシストじゃん」「なぜこんなことをしたの?」などと疑問の声があがっている。

キャバリアーズのケビン・ラブ【写真:AP】
キャバリアーズのケビン・ラブ【写真:AP】

キャバリアーズ・ラブのプレーが注目の的に…

 26日(日本時間27日)に行われた米プロバスケットボール(NBA)の試合で、スター選手のあるプレーに注目が寄せられている。スローインの際、審判からボールを投げ渡されるも手で払い除けたのだが、そのボールがコート内に入ってしまったことで相手が得点。実際の映像を米メディアが公開すると、ファンからは「アシストじゃん」「なぜこんなことをしたの?」などと疑問の声があがっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 何を思っていたのだろうか。問題のプレーは、キャバリアーズ―ラプターズ戦で生まれた。コート外にいたキャバリアーズのケビン・ラブへ、審判がボールを投げ渡した。スローインのようだ。しかし、なぜかラブはこれを“拒否”するかのように左手で叩き落とす。するとボールがコート内に入ってしまい、ラプターズ攻撃陣が拾い上げて3ポイントシュート。見事に決まり、3点が入ってしまった。

 実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」公式ツイッターが公開。文面に「ケビン・ラブ、何やってんの?」とつづったほか、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「キャバリアーズのケビン・ラブがイライラのあまり、ワンバウンドされたボールを叩いてラプターズに3Pを許してしまう最悪のターンオーバーを見せた」との見出しで記事を掲載している。

 同メディアは「消極的、または怠慢なプレーであり、今季ワーストのターンオーバーになってしまった」とバッサリ。「審判がワンバウンドでパスした球をラブは、心ここにあらずのような形で叩いてしまった。ラプターズは素早くそのボールを拾って、簡単に3ポイントを決めた」と当該シーンを伝えている。

 映像を目の当たりにした米ファンからは「大爆笑」「クレイジーだ」「『トレードしてください』って言っているようなもの」「アシストじゃん」「イライラしているねぇ」「燃料切れか?」「何もかもが嫌になったのかな」「なぜこんなことしたの?」などと反響が寄せられている。

 2011年にはリバウンド王に輝き、16年にはNBAチャンピオンにもなっているラブ。米ヤフーニュースは「32歳のベテランがその瞬間だけ冷静さを失ったのか、10試合中8試合に負けていて、3年連続でポストシーズンに進出できないことが決まっているチームの今の状況にイライラしていたのかどうかは分からない」と報じ、試合後にラブがチームメートに謝罪した旨なども伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集