[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太は「なかなか凄いぞ」 攻守に高まる評価、米記者は賛辞「本契約を切に願う」

米プロバスケットボール(NBA)ラプターズは14日(日本時間15日)、スパーズに117-112で勝利を収めた。渡邊雄太は19分54秒のプレーで11得点、4リバウンド、1アシスト、キャリアハイに並ぶ1試合3本の3Pを決め、勝利に貢献した。米記者からは「本契約に戻ってきてほしいと切に願う」「ラプターズに必要だ」などと次々と称賛の声が上がっている。

渡邊雄太【写真:AP】
渡邊雄太【写真:AP】

11得点、4リバウンド、スパーズ戦で攻守に奮闘

 米プロバスケットボール(NBA)ラプターズは14日(日本時間15日)、スパーズに117-112で勝利を収めた。渡邊雄太は19分54秒のプレーで11得点、4リバウンド、1アシスト、キャリアハイに並ぶ1試合3本の3Pを決め、勝利に貢献した。米記者からは「本契約に戻ってきてほしいと切に願う」「ラプターズに必要だ」などと次々と称賛の声が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 渡邊がまた評価を上げた。第1クオーター(Q)の途中から出場すると、第2Qでは美しい3ポイントシュートを2本決めるなど、3P3本を含む11得点。約20分の出場で攻守に奮闘した。

 米記者からも拍手が送られている。トロント地元紙「トロント・スター」ダグ・スミス記者は「ユウタがパティ・ミルズを封じているのは、なかなか凄いことだぞ」とツイート。32歳のシューター・ミルズをブロックし、得点につなげるシーンもあったことから、スミス記者は称賛をつづっている。

 さらには米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のラプターズ番エリック・コリーン記者も自身のツイッターで「ユウタに本契約で戻ってきてほしいと切に願う。彼は(怪我人などにより)人手の足りないチームでプレーするような選手ではない。でもチームに怪我人がいなければ、彼はウィングのロールプレーヤーに求める全てを持っている」と最敬礼。

 カナダスポーツ専門局「TSN」のジョシュ・レベンバーグ記者も「もし2月の怪我がなければ、ユウタはシーズン通じてローテーションの一員、もしくは少なくともその一端を担っていたと思う。彼がもたらしているものは、ラプターズが今年必要だったもの。もちろん彼は完成した選手ではないけれど、好ましい部分の多い選手だ」とツイートし、高く評価している。

 渡邊は10試合連続での出場。出場時間のチームの得失点差を示す「プラスマイナス」は「+9」だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集