[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「風と友達になりかけてた」 強風の中「72」も前向き「最も収穫多い1週間」

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSの第2ラウンド(R)の残りと最終Rが21日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われた。6打差の15位で最終Rを迎えた渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算5アンダーでホールアウト時点で暫定14位だった。

「最も収穫多い1週間」と語った渋野日向子【写真:Getty Images】
「最も収穫多い1週間」と語った渋野日向子【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOS最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSの第2ラウンド(R)の残りと最終Rが21日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われた。6打差の15位で最終Rを迎えた渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算5アンダーでホールアウト時点で暫定14位だった。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 渋野は降雨サスペンデッドとなった第2Rの残り2ホールをバーディー、ボギーで回って5アンダーとした。首位と6打差の15位で最終Rをスタートすると、3番パー3で約3メートルにつけてバーディー。4番ではグリーンの縁からパターで入れてバーディーを奪った。しかし、5番でボギー。13番ではOBが出て、痛恨のダブルボギー。16番でバーディーを奪い返したが、最終日はイーブンパーに終わった。

 強い風に苦しみ、スコアを伸ばせなかったが、渋野は努めて前向きだった。「ショットの縦距離を一番重視して回りました。フルショットを打つ回数を減らして、抑えたショットで振り切ることをやってました。結果的には(13番の)ダブルボギーがもったいなかったと思うが、個人的には収穫のある1日だった。あまり悔いはないと思います」と会見では笑顔ものぞかせた。

 強風の中でもしっかりと考え、影響を最小限に抑えるショットを打てたことが手応えの理由だ。「風の中でも縦距離を合わせるのが難しかったですが、今日は何度か合わせることができた。打ちたいキャリーを打てているホール、最終ホールとかは納得のいくショットが打てた。それがすごく多かった」と振り返った。さらに前週は「風と友達になれなかった」と語っていたことを問われると、「今日は風と友達になりかけてた」と答え会見場の笑いを誘っていた。

 初日は67で4位発進。しかし2日目で順位を落とし、3日目も伸ばせなかった。3日間の総括を問われると、「1日目はすごくいいゴルフができていた中で、昨日はなかなか思うようなゴルフができず、最終日はすごく収穫のある1日だった。本当に毎週色々な経験をできているが、今週が1番得たものが多い1週間だった」と語った。順位以上の収穫を感じ取っているようだ。

 次週の国内ツアー・アクサレディス(宮崎・UMKCC)に出場し、海外メジャー初戦・ANAインスピレーション(4月1~4日)に向けて渡米する。「改善したい部分は山ほど。ショットの精度は全然ですし、パッティングも。しっかり練習したいと思います。まずは3日間戦うことが大切。予選通過できるように。その中でも自分のやるべきことをやりきることを考えながら3日間戦えるようにしたいともいます」と見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集