[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、21年初戦はV届かず 13位で反省「まだまだ練習しないといけない」

女子ゴルフの今年初戦・ダイキンオーキッドレディス最終日が7日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われた。渋野日向子(サントリー)は3バーディー、4ボギーの73で回って通算5アンダー。暫定首位の小祝さくら、森田遥と9打差の13位としている。

通算5アンダーで暫定13位の渋野日向子【写真:Getty Images】
通算5アンダーで暫定13位の渋野日向子【写真:Getty Images】

今年初戦ダイキンオーキッドレディス最終日

 女子ゴルフの今年初戦・ダイキンオーキッドレディス最終日が7日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われた。渋野日向子(サントリー)は3バーディー、4ボギーの73で回って通算5アンダー。暫定首位の小祝さくら、森田遥と9打差の13位としている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 大粒の雨に見舞われた出だしの1番。渋野は第2打をグリーン横のラフに入れると、アプローチもグリーンに届かず。第4打はカラーからパターで寄せてボギー発進となった。4番のバーディーで取り返したが、8番でボギー。11番で1つ伸ばしたものの、15番でも落とした。16番約1メートルのパーパットを外してボギーとなった。

 ラウンド後の会見では「もともとの天気予報では今日はできないと思っていた。最後まで完走できたのがよかった。かなりの雨の中でやれたのは貴重な経験だったかもしれないです」とコメント。こう続けた。

「ティーショットも左に行く場面もあったし、右に打ち出すというか、擦れた感じのボールもあった。アイアンショットもミスが多かった。まだまだ練習しないといけない。よかった点は16番のパーパットを外したけど、それまでの1メートル前後のパットは打てていた。外してもおかしくないような微妙なパッティングもあったけど、このスコアで回れたのは合格点。パー5も獲れたし、ボギーは多かった。合格でも不合格でもない」

 今大会は各日1000人のギャラリーを入れ、国内女子ツアーでは2019年の最終戦以来1年3か月ぶりの有観客だった。「途中で投げ出したいくらいの思いもあったけど、ギャラリーさんの声援で頑張らないといけないと思えた。ギャラリーさんのおかげのバーディーもある。久々にやれて楽しかったです。選手みんながそうだと思います」。次週は無観客。「この4日間でいいところも見られたし、悪いところも全部出た。しっかり復習して来週に向けてまた試行錯誤していきたい」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集