[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 男子テニス界を彩ったのは? 17年をATP公式が数字で総括…キーワードは「世代間」

男子テニス界を彩ったのは? 17年をATP公式が数字で総括…キーワードは「世代間」

2017年の男子テニス界は、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同2位のロジャー・フェデラー(スイス)の復活が大きく脚光を浴びるシーズンとなった。ATP公式サイトはツアーに関するデータをまとめ、今年飛躍を遂げた杉田祐一(三菱電機)の名も挙げられている。

ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

35歳以上の優勝が全体の15%…杉田の28歳での初戴冠にも再び脚光

 2017年の男子テニス界は、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同2位のロジャー・フェデラー(スイス)の復活が大きく脚光を浴びるシーズンとなった。ATP公式サイトはツアーに関するデータをまとめ、今年飛躍を遂げた杉田祐一(三菱電機)の名も挙げられている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 冒頭で取り上げられているのは、ATPツアーの優勝回数だ。最も優勝を果たしたのはフェデラーの7回(芝2回、ハード5回)、2位はナダルの6回(クレー4回、ハード2回)と、2人のレジェンドが結果を残したことが数字からも分かる。それに次ぐのは、今年頭角を現した20歳の新鋭アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)の5回(クレー2回、ハード3回)だった。

 ベテランと若手がそれぞれ力を発揮したシーズンとなったが、特に大ベテランの活躍は際立っていた。記事によれば、今年行われたATPツアーの総タイトルのうち、15%が35歳以上の選手が優勝を果たし、うち7回はフェデラーのものだった。

 杉田は「初めてATPワールドツアー王者に輝いた選手」として登場。ウィンブルドンの前哨戦として行われた7月のアンタルヤ・オープンで悲願の初優勝を飾り、28歳と遅まきながらの初制覇となったことを紹介している。杉田はその後、世界ランク40位まで浮上するなど、大きな飛躍を遂げた。

 しかし、上には上がいる。それはルクセンブルク出身のジレ・ミュラーだ。2004年に初めてのグランドスラム出場を果たしながらもツアー勝利に縁遠かったが、1月のシドニー国際でプロ16年目にして初優勝。年齢にすると、実に33歳での初タイトル獲得となった。

 ナダルやフェデラー、ミュラーら30代、ズベレフら20代前半の活躍、そして28歳と中堅になった杉田らの健闘。データで見ても、世代間の激しい競争が現れるものとなった。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー