[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 50キロ競歩の荒井、銅メダルまでのドラマ その裏にあったカナダ選手の思い

50キロ競歩の荒井、銅メダルまでのドラマ その裏にあったカナダ選手の思い

21日(日本時間22日)に閉会したリオデジャネイロ五輪で、日本は史上最多となる41個(金12、銀8、銅21)のメダルを獲得した。陸上男子50キロ競歩では、荒井広宙(自衛隊)が銅メダル。日本史上初のメダル獲得が決まるまでには、大きなドラマがあった。

20160822_arai

3位フィニッシュ→失格→3位確定、カナダ陸連はCASに異議申し立てする可能性もあったが…

 21日(日本時間22日)に閉会したリオデジャネイロ五輪で、日本は史上最多となる41個(金12、銀8、銅21)のメダルを獲得した。陸上男子50キロ競歩では、荒井広宙(自衛隊)が銅メダル。日本史上初のメダル獲得が決まるまでには、大きなドラマがあった。

 荒井は3時間41分24秒の3着でフィニッシュ。しかし、レース終盤の48キロ付近で並走していたエバン・ダンフィー(カナダ)と接触したことが妨害行為とされ、まさかの一時失格となった。ただ、日本陸連による迅速な抗議の結果、国際陸連は荒井の銅メダルを認めた。その裏には、栄光のメダルを手放すことになったダンフィーのある決断もあったという。

 カナダ陸連はゴールイン直後、3位から14秒遅れの4位でゴールインしたダンフィーに対して、荒井の妨害行為があったとして抗議。一度はこの異議が認められ、ダンフィーは銅メダルの権利を手にした。結局、日本側の異議で裁定は再び覆ったが、ダンフィーには別の選択肢もあった。

 カナダテレビ局「CBC」によると、カナダ陸連のヘッドコーチ、ピーター・エリクソン氏はスイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)への異議申し立てを検討していたという。

 だが、ダンフィーは記事の中で「僕にはCASに異議を申し立てるという選択肢もあったんだ。だが、正直その一歩を踏み出すことはできなかった」と語っている。そして、荒井の銅メダルを受け入れる決断を下した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー