[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“そびえたつ地獄”の異名 198cm70kgの規格外ボクサーがWBCの「年間最高有望株」選出

世界ボクシング評議会(WBC)が2020年の年間表彰を19日、発表。「プロスペクト・オブ・ザ・イヤー」には、スーパーウェルター級(69.85キロ以下)では異例の198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)を選出している。

セバスチャン・フンドラ【写真:AP】
セバスチャン・フンドラ【写真:AP】

昨年12月の試合で2回KO、海外記者からは「小さな子どもを殴っているようだ」の声も

 世界ボクシング評議会(WBC)が2020年の年間表彰を19日、発表。「プロスペクト・オブ・ザ・イヤー」には、スーパーウェルター級(69.85キロ以下)では異例の198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)を選出している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 将来が楽しみなメキシカンが一躍名を上げたのは、昨年12月のハビブ・アメド(ガーナ)戦だ。身長は198センチ、リーチは203センチ。スーパーウェルター級では規格外のサイズを誇る22歳は身長183センチ、リーチ188センチのアメドに対し、長い手足を生かし、優位に試合を進める。決着は2回。ガードの上からお構いなしに攻めるフンドラはアッパー、フック、ストレートとあらゆる角度から打ち込んでいく。そして、完全に手が出なくなったアメドは防戦一方。最後はコーナーに追い詰め、ラッシュを見舞うとレフェリーがたまらず、試合を止めた。

 WBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)の再起戦のアンダーカードで派手に倒したことで注目を浴びることとなったフンドラ。権威ある米誌「ザ・リング」では「“タワリング・インフェルノ(そびえたつ地獄)”」と評し、海外記者やファンからも「まるで小さな子どもを殴っているようだ」「この腕の長さは不公平だよ…」などと驚きの声が上がっていた。

 WBCはフンドラを、ライト級の20歳ホープ、ガブリエル・フローレスJr.(米国)とともに、“年間最高プロスペクト(有望株)”として選出している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集