[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】イチロー、米国が言葉を失った日 感動の“本拠地凱旋弾”「これ以上の脚本書けるか」

【名珍場面2017】イチロー、米国が言葉を失った日 感動の“本拠地凱旋弾”「これ以上の脚本書けるか」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は4月に米大リーグ(MLB)マーリンズのイチロー外野手が放った「感動の本拠地“凱旋弾”」。古巣マリナーズ戦の3連戦3戦目、その最終打席で今季初ホームランをマーク。MLB公式ツイッターは歴史的瞬間を動画付きで紹介し、味方はもちろん、敵軍、実況、ファン、それぞれが敬意を示す感動の一撃に。日米のイチロー党に感動を呼んだ。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…4月にイチローが放った全米感動のホームラン

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は4月に米大リーグ(MLB)マーリンズのイチロー外野手が放った「感動の本拠地“凱旋弾”」。古巣マリナーズ戦の3連戦3戦目、その最終打席で今季初ホームランをマーク。MLB公式ツイッターは歴史的瞬間を動画付きで紹介し、味方はもちろん、敵軍、実況、ファン、それぞれが敬意を示す感動の一撃に。日米のイチロー党に感動を呼んだ。

 だから、イチローはレジェンドと呼ばれる。そう思わざるを得ない感動のドラマは最後にやってきた。4月19日、かつての本拠地セーフコ・フィールドで行われたマリナーズ戦。3連戦3戦目、9回の第4打席だった。

「イチローコール」に迎えられて打席に立った背番号51は右腕マーシャルが投じた初球の速球を強振。すると、43歳とは思えない力強いスイングから舞い上がった打球はグングン伸びた。そんなことがあるのか――。日米のファンが固唾をのんで見守った白球は右翼席へと消えた。最後の最後でやってのけた凱旋弾。それは25年連続弾のメモリアルとなる今季1号アーチとなった。

 1本のホームランを巡り、その裏では数々のドラマが起こっていた。敵味方のファンが関係なく総立ちで祝福に包まれたスタジアム。ダイヤモンドを回る時、三塁ベース上では後輩との無言の会話があった。マリナーズ三塁手ジーガーは当時、「相手チームのホームランは普通、見たくないよね。でも、あの瞬間は、スペシャルだったんだ」と話し、こう振り返っていた。

「彼に対して戦慄が走ったよ。彼相手にもホームランは打たれたくはない。それでも、彼がこのセーフコで打ってしまった。ここで彼が成し遂げた全ての偉業などを考えれば、まさにスペシャルなワンシーンだったよ」「僕は何も言わなかった。彼を見つめる感じで、彼もまた僕を見るようだった。そこに言葉はなかった。でも、すごくクールな瞬間だったんだよ」

 かつて同僚として背番号51を追いかけたから偉大さを知っている。だから、言葉なんて必要ない。それは、中継していたテレビ局も一緒だった。マイアミでテレビ中継をした「FOXスポーツ・フロリダ」では「イチローがホームランだ!」と興奮していた実況と解説は、イチローが二塁ベースを回ったあたりで突然、沈黙した。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー