[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、評価上げるマロニー戦 米メディア独自表彰で絶賛「長きに渡り最高に…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、権威ある米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、世界的に評価を高めている。米メディアが公表した2020年度の独自表彰でも、年間最優秀ファイター部門で次点に選出され「長きに渡り世界最高のファイターになるかもしれない」と称賛されている。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

米ヤフー選出「年間最優秀ファイター」部門で次点に

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、権威ある米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、世界的に評価を高めている。米メディアが公表した2020年度の独自表彰でも、年間最優秀ファイター部門で次点に選出され「長きに渡り世界最高のファイターになるかもしれない」と称賛されている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 米ヤフースポーツは「2020年ベスト ヤフースポーツボクシングアワード」と特集。年間最優秀ファイター、年間最優秀プロスペクト、年間最優秀トレーナー、年間最高試合の4部門を選出しているが、日本勢では唯一「NAOYA INOUE」の名前が年間最優秀ファイター部門に挙がった。

 井上は10月31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回KO勝ち。勝利を決めた圧巻の右ストレートなどで、海外からも注目を集めた。同メディアは試合に絡めてこう絶賛している。

「バンタム級のチャンピオン、ナオヤ・イノウエは今年1試合しか戦わなかったが、ジェイソン・マロニー相手の勝利は素晴らしいものだった。イノウエは今後、長きに渡り世界最高のファイターになるかもしれない」

 年間最優秀ファイターには、2月にデオンテイ・ワイルダー(米国)との“世紀の再戦”で王座奪還を果たしたWBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリー(英国)が選出された。井上はライト級4団体統一王者のテオフィモ・ロペス(米国)らとともに次点となったが、その国際的評価は高まる一方のようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集