[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • イチローが伝説になった日 衝撃の“壁よじ登りキャッチ”に米脚光「史上最高だ」

イチローが伝説になった日 衝撃の“壁よじ登りキャッチ”に米脚光「史上最高だ」

今年44歳を迎え、米大リーグで最年長野手となりながら、第一線を走り続けるイチロー外野手。01年のメジャー挑戦以来、バットのみならず、華麗な守備でもファンを沸かせてきたが、米メディアはかつて披露した伝説の“壁よじ登りキャッチ”に脚光。動画付きで紹介すると、ファンから「史上最高だ」「なんてキャッチなんだ」と感嘆の声が上がっている。

米メディアが12年前の超人的“本塁打強奪”に再び脚光…ファン感嘆「なんてキャッチだ」

 今年44歳を迎え、米大リーグで最年長野手となりながら、第一線を走り続けるイチロー外野手。01年のメジャー挑戦以来、バットのみならず、華麗な守備でもファンを沸かせてきたが、米メディアはかつて披露した伝説の“壁よじ登りキャッチ”に脚光。動画付きで紹介すると、ファンから「史上最高だ」「なんてキャッチなんだ」と感嘆の声が上がっている。

 まるで忍者になったようだった。時を遡る事、12年前―。イチローが伝説的なプレーを演じたのは、マリナーズに在籍していた02年5月2日のエンゼルス戦だった。

 0-5とリードを許していた7回。1死二塁。4番アンダーソンが変化球をすくい上げ、ライトに大飛球を飛ばした。これを背走して追ったのが、背番号51だった。しかし、打球はグングンと伸び、打球に背を向けたまま、フェンス際に追い込まれた。右翼席のファンは“その時”を確信し、総立ちになった。次の瞬間だった。

 イチローは勢いそのままに飛び上がると、右足のスパイクでフェンスを蹴り、今度は左足のスパイクでもうひと伸び。そして、ファンが捕球しようと身を乗り出す中、左手のグラブでキャッチしてみせたのだ。そのまま尻もちをつきかけ、体勢を崩したがボールは離さない。それどころか、飛び出した走者を刺そうとしてすぐさま内野に転送していた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー