[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ESPNが最新PFP発表 井上尚弥は3位で変わらず…圧巻KOの37戦全勝王者が1位キープ

米スポーツ専門局「ESPN」は18日(日本時間19日)、ボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表。4度目の防衛に成功したWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が1位をキープ。一方でWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)も3位で変わらなかった。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

13人のパネリストがそれぞれ順位付け、9人がクロフォードを1位選出

 米スポーツ専門局「ESPN」は18日(日本時間19日)、ボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表。4度目の防衛に成功したWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が1位をキープ。一方でWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)も3位で変わらなかった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。複数の海外メディアが独自にランク付けを行っているが、ESPNは13人のパネリストの投票により決定。1位なら10ポイント、2位なら9ポイントとそれぞれが順位付けしたポイントの総合計で決まる。

 1位は前回同様クロフォードとなった。14日(日本時間15日)に元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ち。圧巻の内容で4度目の防衛を飾ったことが評価され、13人中9人が1位に投票している。

 一方で井上は10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスでジェイソン・マロニー(オーストラリア)を撃破。前回の3位からの上昇も期待されたが、順位は変わらなかった。

 2位は12月19日に米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)との対戦が決まったカネロこと、世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)となった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集