[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォードに完敗 キャリア42戦の元王者ブルックが脱帽「パンチが見えなかった」

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。クロフォードの戦績は37勝(28KO)、ブルックは39勝(27KO)3敗。敗れたブルックは「見えなかったパンチを食らった」「今までこんなことはなかった」と脱帽している。

テレンス・クロフォードに敗れたケル・ブルック【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】
テレンス・クロフォードに敗れたケル・ブルック【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】

キャリア42戦のブルックが認めた完敗「今までこんなことはなかった」

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。クロフォードの戦績は37勝(28KO)、ブルックは39勝(27KO)3敗。敗れたブルックは「見えなかったパンチを食らった」「今までこんなことはなかった」と脱帽している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 歴戦の元王者も完敗だった。序盤は優位に進めたブルックだったが、4回に捕まった。開始40秒、クロフォードにカウンターからダウンを奪われると、再開後は足が止まる。コーナー付近に追い詰められ、左右のラッシュをお見舞いされた。防戦一方となり、レフェリーが止めてTKO。42戦のキャリアを誇り、強豪とも渡り合ってきた猛者が最後は無残に敗れた。

 試合後、素直に完敗を認めた。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」によると「これはボクシングだ」と受け止めたブルックは「自分は明らかに見えなかったパンチを食らった。そして、審判は試合を止めた。今までこんなことは起きたことなかった」と脱帽。「でも、いつも言ってきたように、試合の時は最後まで自分のやり方で行って負ける方がマシさ」と語ったという。

 クロフォードは、権威ある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で3位にランク。1位にカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、2位にWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)がつけているが、その実力通りの強さを見せつけ、元王者に歴然たる力の差を証明した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集