[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「強い選手が多い」SF級に殴り込み 田中恒成、井岡一翔ら世界の強敵と「世代交代」へ

ボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は、12月31日に東京・大田区総合体育館でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に挑戦する。世界的に強敵の多い階級。10日はオンラインで会見し、同級で猛威を振るう気概を見せた。田中の戦績は15勝(9KO)、井岡は25勝(14KO)2敗。試合はTBS系で全国生中継される。

田中恒成【写真:畑中ジム提供】
田中恒成【写真:畑中ジム提供】

田中恒成はスーパーフライ級で猛威を振るうのか、世界戦線の現状とは

 ボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は、12月31日に東京・大田区総合体育館でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に挑戦する。世界的に強敵の多い階級。10日はオンラインで会見し、同級で猛威を振るう気概を見せた。田中の戦績は15勝(9KO)、井岡は25勝(14KO)2敗。試合はTBS系で全国生中継される。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 25歳の田中がスーパーフライ級に殴り込みをかける。昨年大晦日にフライ級王座3度目の防衛に成功。王座を返上し、1つ上の階級で4本目のベルト獲得に照準を合わせた。過去の階級変更時はノンタイトルの調整試合を挟んだが、今回はコロナ禍で試合ができなかったこともあり“ぶっつけ本番”。それでも勝つ自信に満ち溢れている。

「日本のボクシングを引っ張ってきたチャンピオンに挑戦する。本当にチャレンジャー。ここで世代交代というか、文句のつけようのないKOで決着させたい」

 KO勝利を宣言し、オンライン会見のパソコン画面は熱を帯びた。田中が飛び込むスーパーフライ級はタレント揃いだ。主要4団体にはWBO王者で31歳の井岡のほか、ロマゴンことWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳、33歳)、WBA正規王者ジョシュア・フランコ(米国、25歳)、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ、30歳)、IBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン、28歳)が君臨している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集