[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デービス、戦慄KO生んだ左アッパーに異競技からも驚愕の声「こいつは一体何したんだ」

ボクシングのWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチで、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)に6回2分40秒KOで勝利した。左アッパー一撃で相手を失神させた25歳に対し、異競技の元選手からも「彼は獣だ」「こいつは一体全体何をしたんだ」などと興奮の声が上がっている。

ガーボンタ・デービス【写真:AP】
ガーボンタ・デービス【写真:AP】

レイカーズ、スパーズでなどで活躍した元選手2人が驚愕

 ボクシングのWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチで、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)に6回2分40秒KOで勝利した。左アッパー一撃で相手を失神させた25歳に対し、異競技の元選手からも「彼は獣だ」「こいつは一体全体何をしたんだ」などと興奮の声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 4階級制覇の実力者を沈めた。デービスは6回、サンタ・クルスをロープ際に追い詰める。攻撃を受けながらも相手の動きを見ていた、次の瞬間だ。顎に目掛けて豪快な左アッパーを打ち抜くと、まともに食らったサンタ・クルスは意識が飛んだかのようにダウン。スローで見ても凄まじい威力と分かる一撃で、KO勝利を決めた。

 10月31日(日本時間11月1日)に行われた試合での戦慄シーンは海外ファンにも大きな反響を呼んでいたが、異競技の元選手も衝撃を受けたようだ。米スポーツチャンネル「ショータイム」のボクシング専門ツイッターアカウントは、レイカーズなどで活躍したマット・バーンズ氏と、スパーズの主力を張ったスティーブン・ジャクソン氏が興奮する様子を動画で公開している。

 同チャンネルのポッドキャスト番組「オール・ザ・スモーク」でホストを務めている2人はデービスのKOに驚愕。バーンズ氏は目を見開き「こいつは一体全体何をしたんだ」「ヤバすぎるだろ」と語り、ジャクソン氏もまくし立てるように「彼は獣だ。近づくな。彼は獣だぞ」「彼はこの番組で言ったんだ。KOするためにリングに上がるってね」などと話した。

 この試合はスーパーフェザー級の契約体重58.9キロ以下で行われ、両者とも前日計量をクリアした。フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子としても知られるデービスはこれでデビューから24連勝(23KO)。WBAライト級は初防衛に成功し、WBA世界スーパーフェザー級との2階級同時王者となった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集