[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平が国民に訴えた「全ての本音」 五輪実現へ「SNSでは意味がない」生の言葉

日本、ロシア、中国、米国による体操の国際大会「Friendship and Solidarity competition」が8日、東京・国立代々木競技場で行われた。コロナ禍で入国制限が設けられて以降、五輪競技では国内に海外選手を招く初の大会。東京五輪実現へ、男子の内村航平(リンガーハット)は閉会式で国民の協力を求めた。合間に通訳の時間を交えた約5分半のスピーチには、世界を制した男の本音が込められていた。

閉会式のスピーチで本音を語った内村航平【写真:(C)Photo by AFLO SPORT】
閉会式のスピーチで本音を語った内村航平【写真:(C)Photo by AFLO SPORT】

東京五輪実現へ閉会式で5分半のスピーチ「国民と選手が同じ気持ちじゃないと」

 日本、ロシア、中国、米国による体操の国際大会「Friendship and Solidarity competition」が8日、東京・国立代々木競技場で行われた。コロナ禍で入国制限が設けられて以降、五輪競技では国内に海外選手を招く初の大会。東京五輪実現へ、男子の内村航平(リンガーハット)は閉会式で国民の協力を求めた。合間に通訳の時間を交えた約5分半のスピーチには、世界を制した男の本音が込められていた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 内村が突然切り出した。閉会式で照明が消えた体育館。選手を代表したスピーチで「めっちゃくちゃ、楽しかったです」と述べた後だ。「その中で少し残念だなと思うことが……」。スポットライトを浴びた世界的レジェンドは、少し間を置き、臆することなく胸の内をさらけ出して訴えた。

「しょうがないことなのかもしれませんが、ウイルスが拡大して国民の皆さんの中で五輪ができないと思っている人が80%を超えていると知って残念。しょうがないけど、できないではなく、どうやったらできるかを皆さんで考えて、どうにかできるという方向に考え方を変えてほしいです。でも、これは非常に大変なことは承知の上。それでも、国民の皆さんとアスリートが同じ気持ちじゃないと大会はできないと僕は思う。どうにか、なんとかできるやり方が必ずあると思います。どうか、できないとは思わないでほしい」

 思いの丈を吐き出すと、海外から来た選手やメディアからも拍手が送られた。「とにかくやりたい」と言っているわけでもなく、「やれ」と強要しているわけでもない。できるように「考え方を変えてほしい」と切に呼び掛けた。

 世界では感染者が再び増加。内村も「非常に大変なことは承知の上」と現状を理解している。それでも声を上げた。きっかけは2、3か月前に眺めたネットニュース。「オリンピックができると思うか、できないと思うかという支持率が出ていて、できないが80%超えていた」。スマホに記された文字によって、心にモヤモヤが充満していった。

 閉会式後の会見で数か月間の葛藤を明かした。

「そのニュースを見てから『これじゃいかんだろう』と。僕は何もすることができないけど、(今大会は)東京五輪に向けて世界にアピールするいい機会。この場で言わないと、たぶん届かないだろうなと。僕がSNSとかで言っても絶対に意味がないと思う。こういう場をお借りしていろんなところに発信していく方が皆さんに届くのかなと。本当に2、3か月思っていたことを出しました」

 ロシアの世界選手権個人総合金メダリスト2人など、世界のトップ選手たちが出場した。開会式では、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長がビデオメッセージ。「今大会は感染対策による制限がある中でも、スポーツの大会を安全に開催できることを示す例になる」と願った。

 会場には五輪組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、橋本聖子五輪相、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長ら関係機関のトップが集結。物々しい雰囲気はただの友好大会ではない。海外メディアもいるからこそ、内村は生の言葉をスポットライトの中心から届けた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集