[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

UFCの“年間最高KO候補” 前蹴り失神KOが180万再生「脚が後ろに折れ曲がるほど…」

米国最大の総合格闘技「UFC」は4日(日本時間5日)、コンテンダーシリーズを開催。ウェルター級マッチではイグナシオ・バハモンデス(チリ)がエドソン・ゴメス(メキシコ)に2回KO勝ちした。最後は右の前蹴りで相手を失神させるKOシーンをUFCが動画付きで公開し米ファンを戦慄させていたが、米メディアでも「年間最高KO候補」として注目を寄せている。

イグナシオ・バハモンデス【写真:Getty Images】
イグナシオ・バハモンデス【写真:Getty Images】

チリの23歳ファイターバハモンデスの衝撃KOが大反響

 米国最大の総合格闘技「UFC」は4日(日本時間5日)、コンテンダーシリーズを開催。ウェルター級マッチではイグナシオ・バハモンデス(チリ)がエドソン・ゴメス(メキシコ)に2回KO勝ちした。最後は右の前蹴りで相手を失神させるKOシーンをUFCが動画付きで公開し米ファンを戦慄させていたが、米メディアでも「年間最高KO候補」として注目を寄せている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 食らった相手が心配になるKOシーンだ。2ラウンドの中盤、バハモンデスは左のジャブから右の前蹴りを繰り出した。ゴメスの顔面をもろに捉えると、相手は卒倒。仰向けに倒れ大の字になった。失神しているようで、右脚だけぐにゃりと折れ曲がっているのがなんとも衝撃的だ。

 相手の意識を刈り取った一撃を、UFCは公式インスタグラムで「気絶。イグナシオ・バハモンデスの年間最高KO候補」とキャプションをつけて動画付きで公開。これに米紙「USAトゥデー」の総合格闘技専門メディア「MMAジャンキー」も注目し、「イグナシオ・バハモンデスが『年間最高KO』候補をDWCS34で披露」と題して報じている。

 記事では「23歳のウェルター級のチリ人はラスベガスのUFCエイペックスで行われたエドソン・ゴメスとの一戦で、劇的な結末に至るまで、手際よく試合を支配していた」とレポート。さらにKOシーンについては「バハモンデスが前蹴りでゴメスを失神させ、脚が後ろに折れ曲がるほどの勢いで倒した」と衝撃の大きさを伝えている。

 動画は180万回を超えて再生されるほどの大反響。23歳の新鋭ファイターがUFC本戦の契約を勝ち取るためのコンテンダーシリーズで俄かに脚光を浴びている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集