[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦を選出 トップランク社の「10月最高の瞬間」に米注目「ベストゲームだ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスデビュー戦でWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。プロモートする米興行大手・トップランク(TR)は「10月の最高の瞬間」として鮮やかなカウンターでマロニーを沈めたKOシーンに脚光を浴びせている。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

ロマチェンコ―ロペス戦など7試合を選出「最初から最後までの、最高の瞬間たち」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスデビュー戦でWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。プロモートする米興行大手・トップランク(TR)は「10月の最高の瞬間」として鮮やかなカウンターでマロニーを沈めたKOシーンに脚光を浴びせている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 何度見ても痺れるシーンだ。井上の強打が何度もマロニーの顔面を歪ませる。そしてフィニッシュは7ラウンド終盤、相手が右を出そうとした瞬間、狙いすました井上が右ストレート一閃。完璧なタイミングのカウンターでキャンバスに沈めた。

 井上―マロニー戦を含め、トップランク社が10月に主催した興行から7つの激闘シーンに脚光。「10月は最高の試合スケジュールが組まれ、そして開催された。最初から最後までの、最高の瞬間たち」と記して動画を投稿すると、米ファンからも注目が集まっている。

「イノウエ対サンタ・クルスは面白いかもしれない」
「イノウエはメイウェザー並のカウンターの持ち主だ」
「イノウエとロペスは野獣だ」
「ベストゲームはイノウエ戦」
「ナオヤ・モンスター・イノウエだ」

 ビッグマッチがいくつか開催された10月。そんな中でも井上が残したインパクトは大きかったようだ。

【トップランクが選出した10月の最高の瞬間】※左側が勝者

1.ホセ・セペダ―イバン・バランチェク
2.ジャニベク・アリムハヌリ―ゴンサロ・コリア
3.エマヌエル・ナバレッテ―ルーベン・ビラ
4.エドガー・バーランガ―ラネル・ベローズ
5.テオフィモ・ロペス―ワシル・ロマチェンコ
6.ミカエラ・メイヤー―エヴァ・ブロドニッカ
7.井上尚弥―ジェイソン・マロニー

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集