[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、数字でもマロニーを圧倒していた 米ESPNがスタッツで分析「多彩な強打」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。試合後、米メディアが紹介した両選手のスタッツを見ると、井上の凄さが際立っている。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

井上尚弥とマロニーを比較、着弾率に大きな差

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。試合後、米メディアが紹介した両選手のスタッツを見ると、井上の凄さが際立っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾。尻もちをつかせてこの日最初のダウンを奪うと、7回にはカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができなかった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は、試合後に記事を掲載。「ESPNが格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)世界3位の振る舞いを見せつけ、イノウエは2度のノックダウンを食らわせた。素晴らしいパフォーマンスだった」と称賛した。PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。同局のランクで3位につける井上とマロニーのスタッツを紹介している。

 7回の間に繰り出したパンチの総数では、両者とも330台でほぼ変わらないが、着弾率は井上の32%に対し、マロニーは19%と圧倒。正確性と相手の拳をかわすスピードや技術の高さが際立った。ジャブの着弾率も井上が27%、マロニーが14%、強打着弾率も井上が36%、マロニーが26%と差がついている。同局は記事内でこう分析した。

「最初の2回が終わってからイノウエは攻撃的になった。両手からバラエティーに富んだパワーパンチを打ち始めた。しかし、早い段階から印象的だったのは“モンスター”の名に恥じないそのスピードだった。彼は手の動きだけでなく、足の動きでも距離とテンポをコントロールしていた。彼はこの試合の序盤から勝つボクシングを展開していたのだ」

 同局が紹介したスタッツは以下の通り。

【パンチ総数/着弾数(着弾率)】
井上338/107(32%)
マロニー334/62(19%)

【ジャブ総数/着弾数(着弾率)】
井上164/44(27%)
マロニー209/30(14%)

【強打総数/着弾数(着弾率)】
井上174/63(36%)
マロニー125/32(26%)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集