[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「2504回転の衝撃」― CY賞右腕の浮き上がる“火の玉フォーシーム”に脚光

「2504回転の衝撃」― CY賞右腕の浮き上がる“火の玉フォーシーム”に脚光

米大リーグの今季のサイ・ヤング賞が15日(日本時間16日)に発表され、ナ・リーグでナショナルズのマックス・シャーザー投手が選ばれた。2年連続3度目の栄誉を受け、MLBのデータ解析システム「スタッツキャスト」は公式ツイッターでフォーシーム(直球)の平均回転数が「2504」と驚異の数値を叩き出していたことを紹介。動画で浮き上がる“火の玉フォーシーム”で空振り三振を奪取したシーンを紹介し、反響を呼んでいる。

3度目のサイ・ヤング賞シャーザー、直球の平均回転数は「2504」と驚異的数値

 米大リーグの今季のサイ・ヤング賞が15日(日本時間16日)に発表され、ナ・リーグでナショナルズのマックス・シャーザー投手が選ばれた。2年連続3度目の栄誉を受け、MLBのデータ解析システム「スタッツキャスト」は公式ツイッターでフォーシーム(直球)の平均回転数が「2504」と驚異の数値を叩き出していたことを紹介。動画で浮き上がる“火の玉フォーシーム”で空振り三振を奪取したシーンを紹介し、反響を呼んでいる。

 メジャーリーガーの投手にとって、最高の栄誉となるサイ・ヤング賞を獲る男は、やっぱり凄かった。この日、ア・リーグでインディアンスのコーリー・クルバー投手とともに、3度目の受賞が決まったシャーザー。「スタッツキャスト」は興味深いデータを紹介している。

 受賞を伝えた公式ツイッターの投稿では、今季のフォーシームの平均回転数は「2504」だったと紹介。メジャーでは2200台が平均レベルとされており、2500超えは驚異的な数値といえる。さらに、動画では今季の“直球動画”を公開。映像を見るだけでわかる伸びを描いている。

 右打者に対し、思い切り良く腕を振って投じた直球は外角高めへ。球速の98マイル(約158キロ)も凄いが、それ以上にベース付近でややホップしているように見え、振り遅れ気味の打者もバットがボールの下を通過しているようだ。いかに“打てない直球”であるかも見て取れる。

 実際に奪三振率が高く、16勝6敗、防御率2.51をマークした今季は2年連続で最多奪三振をマーク。躍進を支えた一つがわかっていても打てないフォーシームだった。果たして、来季も火の出るような直球で打者をなぎ倒し、スタジアムを沸かせてくれるか。今から活躍が楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー