[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥―ドネア戦がWBSS名勝負1位 英メディアが選出「エリートの衝撃的なショー」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)シーズン2のクルーザー級決勝が現地時間26日、独ミュンヘンで開催。元WBC&WBO王者マイリス・ブリディス(ラトビア)がIBF王者ユニエル・ドルティコス(キューバ)に判定勝ちし、優勝を飾った。大会の閉幕に合わせ、英メディアは同大会の名勝負トップ10を選出。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の名勝負が堂々の1位に選ばれている。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

英誌選出の「WBSS最高のファイト10試合」で堂々の1位に

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)シーズン2のクルーザー級決勝が現地時間26日、独ミュンヘンで開催。元WBC&WBO王者マイリス・ブリディス(ラトビア)がIBF王者ユニエル・ドルティコス(キューバ)に判定勝ちし、優勝を飾った。大会の閉幕に合わせ、英メディアは同大会の名勝負トップ10を選出。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の名勝負が堂々の1位に選ばれている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 最強の階級別世界王者は誰なのか――。世界中のファンの思いを受け、クルーザー級、スーパーミドル級、スーパーライト級、バンタム級で数々の名勝負が繰り広げられたWBSS。「これまでの大会における最高のファイト10試合」と特集したのは英誌「ボクシングニュース」だった。番付で堂々の1位に選出されたのは2019年のバンタム級大会決勝、井上対ドネアだ。

 さいたまスーパーアリーナで行われた激戦。寸評では「輝けるバンタム級のファイター井上とドネアの両者は、ボクシングニュースが選ぶ2019年のボクシング界の年間最高試合に相応しい壮観なファイナルを作り上げた。エリートレベルのボクシングの衝撃的なショー」と絶賛している。

 右目眼窩底と鼻骨の骨折などのダメージを受けながら、井上が判定勝ちを収めた試合。この試合時点で36歳だったドネアも下馬評は低かったが、2ラウンド目に左フックを着弾させるなど健在ぶりが光った。海外メディアで年間最高試合に選ばれた「ドラマ・イン・サイタマ」は文句なしのWBSS史上最高の一戦と絶賛されている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集