[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜネリが計量パスできたか 背景には重要人物「俺に規律の大切さを注入したんだ」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリは25日(日本時間26日)、WBC世界スーパーバンタム級6位アーロン・アラメダ(ともにメキシコ)との同級王座決定戦(米コネチカット州)の前日計量に臨み、リミット55.3キロを0.5ポンド(約0.23キロ)下回る55.11キロでパスした。米専門誌「ザ・リング」は、ネリに影響をもたらしたトレーナーに注目している。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

ネリにリング誌注目「体重管理で挫折したが…」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリは25日(日本時間26日)、WBC世界スーパーバンタム級6位アーロン・アラメダ(ともにメキシコ)との同級王座決定戦(米コネチカット州)の前日計量に臨み、リミット55.3キロを0.5ポンド(約0.23キロ)下回る55.11キロでパスした。米専門誌「ザ・リング」は、ネリに影響をもたらしたトレーナーに注目している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ネリは3戦ぶりに前日計量を一発クリアした。ボクシング界で最も歴史と権威のある同誌は計量前に掲載した記事で「ルイス・ネリは過去が消えないものであることを理解している。しかし、そこから学び、前へ進むことはできる。禁止薬物の陽性反応が出たことや体重管理で挫折したにも関わらず、新しい階級で世界タイトルを獲得することを目指している」と指摘。これまで再三の体重超過やドーピング違反を犯してきたネリについて説明していた。

 さらに同誌はネリに電話インタビューをした内容を紹介。こう語っていたようだ。

「今回のパンデミックは俺にはそこまで影響してこなかった。ずっとジムにいてトレーニングしていたわけだから。スパーリングもいつも通りこなしていた。アクティブに過ごしていた。一方、家族とも長い時間をともに過ごすことができた。それは俺にとって大切なことなんだ」

 当初はアラメダ戦も3月に予定されていたが、コロナ禍で開催不可能に。一時は夏にも開催される案が浮上したが、実現しなかった。相次ぐ延期にもトレーニングを続けた前王者。計量はパスして当然とされているが、同誌は体を作り上げた背景について「ネリはレイノソ氏が陣営にいることにより、厳しいトレーニングと試合前の体重維持の観点で自分は成長できると信じている」と指摘している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集