[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「ハラダと同格」 マロニーが“豪州3人目”偉業狙う「歴史は繰り返す」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドで対戦するWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。待望の世界戦に燃える29歳は、井上が日本初の2階級制覇王者ファイティング原田こと原田政彦氏と同格であると評価し「日本最高のボクサーを倒した3人目の豪州ボクサーになる」と息巻いているようだ。海外メディアが報道している。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

豪州出身ボクサーは2人が原田に勝利「3人目になるつもりでいる」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドで対戦するWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。待望の世界戦に燃える29歳は、井上が日本初の2階級制覇王者ファイティング原田こと原田政彦氏と同格であると評価し「日本最高のボクサーを倒した3人目の豪州ボクサーになる」と息巻いているようだ。海外メディアが報道している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ボクシング専門メディア「ファイトニュース.com」は「イノウエとハラダは日本の偉大なボクサー」と注目。およそ半世紀前、伝説の王者ファイティング原田を破った同郷ボクサーのように、マロニーも偉業を成し遂げたいと考えていることを伝えている。

 マロニーは同メディアに対し「イノウエは日本の歴代最高のボクサーの1人だとみられている。だから、自分は日本の最高のボクサーを倒した3人目のオーストラリア人になるつもりでいる」と語っている。

 豪州出身のボクサーでは、1968年に当時19歳のライオネル・ローズが原田に判定勝ちでWBA&WBC世界バンタム級王座を奪取。1969年にはWBC世界フェザー級王者だったジョニー・ファメションが、3度のダウンを奪われながらも原田に判定勝ちし、“疑惑の判定”と物議を醸したが、タイトルを防衛している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集