[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“プロ初V”古江彩佳は3日間ボギーなし 20歳の安定感を裏付ける2つのトップ項目とは

女子ゴルフの国内ツアー、デサントレディース東海クラシック最終日が20日、新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位で出たプラチナ世代の古江彩佳(フリー)は68で回り、通算15アンダー。東浩子(加賀電子)とのプレーオフを制し、プロ転向後、初優勝を成し遂げた。3日間ボギーなしで終えた20歳は「リカバリー率は少しは上がったかな」と安定感あるプレーについて語った。

3日間を通した安定感あるプレーでプロ転向後初優勝を飾った古江彩佳【写真:Getty Images】
3日間を通した安定感あるプレーでプロ転向後初優勝を飾った古江彩佳【写真:Getty Images】

デサントレディース東海クラシック、プロ転向後の初優勝

 女子ゴルフの国内ツアー、デサントレディース東海クラシック最終日が20日、新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位で出たプラチナ世代の古江彩佳(フリー)は68で回り、通算15アンダー。東浩子(加賀電子)とのプレーオフを制し、プロ転向後、初優勝を成し遂げた。3日間ボギーなしで終えた20歳は「リカバリー率は少しは上がったかな」と安定感あるプレーについて語った。

【特集】「百聞は一投にしかず」リオ銀メダリストが魅せられた6球から広がる可能性 / ボッチャ・杉村英孝選手インタビュー(GROWINGへ)

 スコアを落とさない。初日から3日間を通じてボギーなし。最終日、ホールアウト後のオンライン会見では「(ボギーを)打つ時は打ちます(笑)」と話したが、「アプローチもある程度寄ってくれたり、今回は3メートルくらいのパーパットもあったんですけど、しっかり決めることができたからボギーも打たなかったのかなと思います」と自己分析した。

 今大会終了時点で、リカバリー率が77.17%、パーセーブ率が92.69%といずれも1位。「グリーンを落としたときのリカバリー率は少しは上がったかなと思います」と口にするように、オフで重点的にスキルを磨いた成果が出ている。

 試合の期間中はゲン担ぎをするタイプで、今大会は開幕前日と2日目にトンカツを食べた。一方で「トリ」は食べない。古江の中での“決まり事”が平常心を保つ一因となっているのかもしれない。

 次戦は10月の国内メジャー・日本女子オープン。「大きい大会、メジャーな大会を頑張りたいのはあるが、まずは予選通過をして、自分のプレーをして楽しく行ければ良いなと思う。後半になって、緊張してしまったのが悔いに残るので、そういう部分を活かして、経験して変えていけたらなと」。2000年度生まれの「プラチナ世代」の20歳。安定感ある古江のプレーから目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集