[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が爆笑 会見に“乱入”親友右腕との珍問答に米笑撃「こういうの求めていた」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、本拠地レンジャーズ戦に「6番・DH」で7試合ぶりにスタメン出場。2回の第1打席で外の直球を思い切り引っ張り、弾丸ライナーで右翼席へ運ぶ打球速度109.1マイル(約175.6キロ)の6号ソロを放った。待望の一撃に米ファンが沸く中で、試合後のインタビューが話題を呼んでいる。仲の良いノエ・ラミレス投手がオンライン会見に“乱入”。米記者が実際のやりとりを動画で公開している。

試合後の会見にも注目が集まったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
試合後の会見にも注目が集まったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

会見の最後にノエ・ラミレスが登場、大谷はスペイン語で一言

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、本拠地レンジャーズ戦に「6番・DH」で7試合ぶりにスタメン出場。2回の第1打席で外の直球を思い切り引っ張り、弾丸ライナーで右翼席へ運ぶ打球速度109.1マイル(約175.6キロ)の6号ソロを放った。待望の一撃に米ファンが沸く中で、試合後のインタビューが話題を呼んでいる。仲の良いノエ・ラミレス投手がオンライン会見に“乱入”。米記者が実際のやりとりを動画で公開している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大谷が思わず吹き出した。復活の6号弾を含む2安打をマークし、勝利に貢献した試合後のオンラインでの会見での一幕だ。最後の質問で記者に交じって乱入したのはラミレスだった。ラミレスに呼びかけられ、英語でやり取りしながらマスク姿の大谷は爆笑。そして最後に「マニャーナ」と一言。スペイン語で「明日」を意味する言葉で見事に会見を締めくくった。

 この爆笑会見の一部始終を公開しているのは米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者。自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニの“親友”ノエ・ラミレスがオオタニをからかい、おふざけモードへ。オオタニは『マニャーナ』と語るなど、1分間に3か国語も披露」とつづり、大谷のコミュニケーション能力に脚光を浴びせている。

 これに米ファンも反応。「笑っているし、ショウヘイは楽しそうだね」「スペイン語が母国語だけど、彼の『マニャーナ』はすごく良かったよ」「こういうのを求めていたんだよ」「ノエは、オンライン会見のMVPだね」「これは爆笑もの」などと喝采が上がっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集