[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ好調の一因? 女房役のフレーミング技術に米注目「成功に不可欠だ」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は、15日(日本時間16日)のインディアンス戦で7回9安打3失点。8勝目こそつかなかったものの、9戦連続のクオリティ・スタート(QS)を達成するなど安定した投球を続けている。サイヤング賞候補にも名を連ねる右腕の今季を支える存在として、米メディアは女房役に注目。ビクトル・カラティニ捕手のフレーミング技術を「ダルビッシュの成功において不可欠な存在だ」と指摘している。

ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュ有【写真:AP】

カブス捕手・カラティニのキャッチング技術とは…

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は、15日(日本時間16日)のインディアンス戦で7回9安打3失点。8勝目こそつかなかったものの、9戦連続のクオリティ・スタート(QS)を達成するなど安定した投球を続けている。サイヤング賞候補にも名を連ねる右腕の今季を支える存在として、米メディアは女房役に注目。ビクトル・カラティニ捕手のフレーミング技術を「ダルビッシュの成功において不可欠な存在だ」と指摘している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「ビクトル・カラティニはカブスの試合の全ての面に影響を与える」との見出しで記事を掲載したのは、地元スポーツ局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」だった。記事では「27歳のキャッチャーは、(フレーミングに関する)スタッツが捕手の守備力を示す一般的なバロメーターになってからずっと、安定したフレーミングを披露してきた」と、際どいボールをストライクに見せるフレーミングの技術が優れていると指摘している。

 カブスでは13日にアレック・ミルズがノーヒットノーランを達成しているが、この時の捕手もカラティニ。記事では「多くのミルズにとって有利なカウントは、カラティニのフレーミングによるものだった」と注目。「カラティニはストライクゾーンから外れた6球をストライクにした。これは今季のカブス先発捕手陣の中で最多だった」と、カウントを有利にして大記録をサポートしたとしている。

 また、ダルビッシュとの関係については「カラティニはダルビッシュの成功において不可欠な存在だ」と指摘。「特に今季は、ナショナルリーグとアメリカンリーグ中部地区の右打者に対しての道を切り開いている。彼の投球の47%がストライクゾーンの外に投じられているにも関わらず、カラティニのフレーミングによってダルビッシュは競争力を維持出来ている」と記載している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集