[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ彼女は譲らなかったのか “無人ゴールの笑撃”は世界へ「その時、大惨事が!」

海外の女子サッカーで、GKを交わして目の前に無人のゴールがあるだけなのに味方同士でシュートを譲らずに交錯し、転倒。その隙にDFにボールを奪われ、得点機を逃すという悲劇をアジアメディアが動画付きで紹介し、話題を呼んでいたが、抱腹絶倒の笑撃は世界に拡大。「その時、大惨事が起きた!」「これこそ世紀の凡ミス?」と反響が広がっている。

女子欧州CLで起きた無人ゴール前の転倒劇、各国に反響拡大「これこそ世紀の凡ミス?」

 海外の女子サッカーで、GKを交わして目の前に無人のゴールがあるだけなのに味方同士でシュートを譲らずに交錯し、転倒。その隙にDFにボールを奪われ、得点機を逃すという悲劇をアジアメディアが動画付きで紹介し、話題を呼んでいたが、抱腹絶倒の笑撃は世界に拡大。「その時、大惨事が起きた!」「これこそ世紀の凡ミス?」と反響が広がっている。

 あの笑撃は世界に広がっている。前代未聞の珍事が生まれたのは、9日に行われた女子欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のギントラ(リトアニア)―バルセロナ(スペイン)の一戦だった。

 0-3とリードされたギントラは後半21分、カウンターから決定機を演出。最終ライン裏へ前線3人が飛び出し、GKと3対1という状況になった。相手GKは意を決して飛び出したが、間一髪でクリアできず。混戦からGKも交わし、そのまま無人のエリアに侵入した。目の前にあるのは無人のゴールマウス。あとは蹴り込むだけ。誰もが反撃ゴールを確信した次の瞬間だった。

 混戦から一番遠かった一人が急にボールに近寄った。しかし、GKともつれながら交わしたもう一人もスピードを緩めない。互いにゴールを狙い、シュートを打とうとしている。そして、悲劇が……。急に近寄った一人を、もう一人が後ろから押すような形になり、足がもつれて互いに前のめりに転倒。ボールはゴール前5メートルで転がってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集