[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

気温50度のゴルフは「腕毛が焼ける」 殺人的熱波デスバレーの“無謀な挑戦”に米注目

日本列島で猛暑が続く中、米カリフォルニア州のデスバレーでは、気温50度を超える日が続いている。“世界一暑い”場所として知られる同地。米スポーツ専門局「ESPN」は、記録的熱波の中でゴルフをした様子をレポートし「腕毛が焼ける」などと報じている。

“世界一暑い”場所として知られる米カリフォルニア州のデスバレー【写真:AP】
“世界一暑い”場所として知られる米カリフォルニア州のデスバレー【写真:AP】

“世界一暑い”場所でゴルフ「オーブンに手を入れたみたい」「体重が2.2kg落ちた」

 日本列島で猛暑が続く中、米カリフォルニア州のデスバレーでは、気温50度を超える日が続いている。“世界一暑い”場所として知られる同地。米スポーツ専門局「ESPN」は、記録的熱波の中でゴルフをした様子をレポートし「腕毛が焼ける」などと報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 暑すぎるゴルフだったようだ。デスバレーでは、1913年に56.7度の世界最高気温を記録。今月16日には非公認ながら観測史上世界3位の54.4度をマークした。そんな記録的熱波の中、ゴルフをした強者がいた。ESPNは「ゴルファーたちはデスバレーにて、50℃近くの中でプレー」と見出しを打ってレポートしている。

 記事によると、電力供給が間に合わなくなるほどの歴史的熱波だというが「燃えるような気温も、デスバレーにあるファーニス・クリークGCでプレーするゴルファーを止めるには至っていない」と説明。会場のゼネラルマネージャーを務めるジョン・ククレジャ氏は「我々は稀に見るほどの問い合わせとゴルファーからの需要を受けています」と語ったという。

 気温は華氏120度(48度)を超える中、1日平均6、7組がラウンド。さらに今回はダム・マーカスという人物が同コースを回った様子をレポートしている。マーカス氏は18日、あえて午前10時半にスタート。記事では「その時すでに華氏112度(44℃)。そうすることで最も暑い時間帯にプレーできるようにした」と記している。

 危険極まりない環境の中、同氏は水筒30本を持参。ラウンドの様子を撮影したスタッフとともに全て飲み干し、約4時間で18ホールを回ったという。記事では、殺人的猛暑でプレーした同氏の様子をこうつづっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集