[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花が21世紀生まれ初V 19歳新人が「63」で2位に4打差圧勝

女子ゴルフの今季国内ツアー2戦目・NEC軽井沢72の最終日が16日、長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と1打差の3位で出た笹生優花(ICTSI)が1イーグル、7バーディー、ボギーなしの63で回り、通算16アンダーでツアー初優勝。19歳のルーキーがプロ2戦目の国内ツアーで栄冠を手にし、21世紀生まれの選手としても初優勝となった。

初優勝の笹生優花【写真:Getty Images】
初優勝の笹生優花【写真:Getty Images】

NEC軽井沢72最終日、19歳新人・笹生が圧巻のバーディーラッシュで逆転V

 女子ゴルフの今季国内ツアー2戦目・NEC軽井沢72の最終日が16日、長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と1打差の3位で出た笹生優花(ICTSI)が1イーグル、7バーディー、ボギーなしの63で回り、通算16アンダーでツアー初優勝。19歳のルーキーがプロ2戦目の国内ツアーで栄冠を手にし、21世紀生まれの選手としても初優勝となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 笹生は前半2、3番で連続バーディーを奪うと、6番でも1つ伸ばした。8番からは怒涛の3連続バーディー。単独首位に立つと、14番でもバーディーとした。さらに16番パー5でイーグルを奪い、ボギーなしの好プレー。圧巻のバーディーラッシュで大会を制した。

 笹生は日本人の父とフィリピン人の母を持つ2001年6月生まれの19歳。5歳から日本で暮らし、フィリピンに戻った8歳から父の影響でゴルフを始めた。14歳で出場したフィリピンのプロツアーで優勝。18年ジャカルタ・アジア大会ではフィリピン代表として金メダルを獲得し、昨年オーガスタ女子アマでは安田祐香(NEC)とともに3位に入った。昨年11月のプロテスト合格後から国内男子最多94勝の尾崎将司に師事している。

 6月末の開幕戦アース・モンダミンカップでも首位発進し、最終的に5位に入った。渋野日向子ら1998年度生まれの「黄金世代」が多く活躍する国内ツアーだが、安田ら逸材の多い2000年度生まれの「プラチナ世代」よりもさらに1つ下の学年。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れた国内ツアーで、2001年生まれの新星が今季2戦目の優勝者となった。

 大会コース記録の「63」となり、19歳57日での初優勝はツアー史上7番目の年少記録。4打差の2位に若林舞衣子、藤田さいき、11アンダーの4位に有村智恵、第2日首位だった西郷真央は10アンダーの5位、同じく首位だった後藤未有は6アンダーの14位に終わった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集