[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワが異次元V 勝ったのに“珍事”転倒に脚光「だが、危険もなかった」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦ロシア大会は21日、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がジャンプで転倒があったが、合計231.21点で優勝。めったにない珍しいミスがありながら、2位に15点差以上をつける圧勝に対し、海外メディアは「珍しく転倒したが、リードを失う危険もなかった」と“珍事”に脚光を当てている。

GPロシア大会15点差圧勝、ISU公式は珍しい“転倒写真”掲載…完全無欠の強さの証明?

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦ロシア大会は21日、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がジャンプで転倒があったが、合計231.21点で優勝。めったにない珍しいミスがありながら、2位に15点差以上をつける圧勝に対し、海外メディアは「珍しく転倒したが、リードを失う危険もなかった」と“珍事”に脚光を当てている。

 これも完全無欠の女王の強さの表れか。メドベージェワは映画「アンナ・カレーニナ」のメロディーに乗せ、いつも通り滑り出した。しかし、いつもの表現力に溢れた演技でミスなくこなしていたが、最後のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)で転倒。演技後は苦笑いを浮かべていたが、150.46点をマークし、悠々と母国で表彰台の真ん中に立った。

 ただ、転倒は絶対女王がめったにしないミス。“珍事”を表すように、国際スケート連盟(ISU)は優勝したにもかかわらず、公式サイトで転倒した写真で特集を掲載。いかに珍しいことだったかが見て取れる。

 それでも、それ以外の演技内容は圧巻。米スケートメディア「icenetwork」は「メドベージェワは母国の氷上で頂点に君臨」と報じ、「ダブルアクセルで珍しく転倒したが、リードを失う危険もなかった」と大きなミスがありながら圧勝したことに脱帽していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集