[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

UFCで“ブザー同時”失神KO 元王者の閃光右フックが反響「やばいくらい完璧」

米最大の総合格闘技「UFC」は6日(日本時間7日)、ネバダ州ラスベガスで「UFC250」を開催。バンタム級では元王者のコーディ・ガーブラント(米国)がハファエル・アスンソン(ブラジル)に2回4分59秒KO勝ち。強烈右フックで、ラウンド終了を告げるブザーとほぼ同時に勝利をつかんだ。米メディアが実際の動画を公開すると「やばいくらい完璧」「拳を解き放った」などと反響が集まっている。

コーディ・ガーブラントが強烈な右フックでKO勝ち【写真:Getty Images】
コーディ・ガーブラントが強烈な右フックでKO勝ち【写真:Getty Images】

ガーブランドの2回終了1秒前の勝利にファン「ブザーが鳴るって知ってたな」

 米最大の総合格闘技「UFC」は6日(日本時間7日)、ネバダ州ラスベガスで「UFC250」を開催。バンタム級では元王者のコーディ・ガーブラント(米国)がハファエル・アスンソン(ブラジル)に2回4分59秒KO勝ち。強烈右フックで、ラウンド終了を告げるブザーとほぼ同時に勝利をつかんだ。米メディアが実際の動画を公開すると「やばいくらい完璧」「拳を解き放った」などと反響が集まっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2回、金網を背にしたガーブラントは、沈めた上半身を起こしながら右フック。強烈かつ的確に顎をとらえた一撃で、アスンソンはうつ伏せに失神。ほぼ同時にラウンド終了を告げるブザーが鳴ったが、レフェリーは試合終了を宣告した。記録は2回終了1秒前のKOとなり、勝者のガーブラントは右手を上げて誇らしげだった。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アクションネットワーク」公式ツイッターは「冗談だろ? コーディ・ガーブラントのブザーが鳴りながらのKO勝利」とつづって動画で公開。投稿には「やばいくらい完璧」「今まで見てきたもののなかで、屈指の華麗な一打」「彼はブザーが鳴るって知っていたな」「すごい!拳を解き放ったな」「コーディが帰ってきた」などとコメントが寄せられている。

 28歳のガーブラントは2016年12月にUFC世界バンタム級王座を獲得しながら、翌年11月の世界戦に敗れて陥落。以降約3年半もの間、勝利から遠ざかっていた。元王者の見事な復活勝利だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集