[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

延期決定の全仏OP 物議醸す秋開催をナダルは支持、仏連盟自信「いい決定だと…」

テニスの4大大会、全仏オープンは9月20日~10月4日に延期となることが決まった。当初は5月から6月にかけて開催予定だったクレーコートでのグランドスラム第2戦。一部の選手からは不満の声が上がっていたが、大会3連覇中で過去に12度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)はこの決定を支持しているという。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

過去12度優勝の“クレーキング”ナダルは延期の決断を支持

 テニスの4大大会、全仏オープンは9月20日~10月4日に延期となることが決まった。当初は5月から6月にかけて開催予定だったクレーコートでのグランドスラム第2戦。一部の選手からは不満の声が上がっていたが、大会3連覇中で過去に12度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)はこの決定を支持しているという。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、秋開催が決まった全仏オープン。予定通りならば、全米オープンがその1週前に行われることや、欧州選抜と世界選抜の対抗戦「レーバーカップ」と日程が重複することもあり、延期の決断は物議を醸していた。

 だが“クレーキング”ナダルは、全仏の秋開催に賛同のようだ。「ラファエル・ナダル、全仏OPの日程を支持」の見出しで伝えているのはエクスプレス紙。フランス・テニス連盟のベルナール・ジウディセリ会長が、ナダルから支持を受けたことを明かしている。

「仏テニス連盟の発表に対し、何人かのプレーヤーからは反論の声が上がっていた」と伝えつつも、ジウディセリ会長によると、大会ディレクターのギー・フォジェ氏がナダルとコンタクトを取り意見を聞いたのだという。

 同会長によると「ギーがラファに連絡をした。彼は、クレイコートでの試合がカレンダーにあるのはいい決定だという感じだった」と明かしているという。

 ナダルの支持を取り付けたことで、フランス連盟は異例に秋開催に自信を覗かせているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集