[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一山麻緒、会見一問一答 日本人歴代4位の要因は「監督の鬼メニューを信じて(笑)」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。

レース後の会見に出席した一山麻緒【写真:石渡史暁】
レース後の会見に出席した一山麻緒【写真:石渡史暁】

7年ぶりの日本人優勝、スタッフに感謝「走りと結果で伝えられる」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 一山は五輪内定の喜びを会見で語るとともに、これまでサポートしてくれたスタッフらへ感謝の言葉を述べた。主な一問一答は以下の通り。

――レース展開はどのように考えていたか。

「毎年、30キロ以降の給水のところでレースが動くと、前もってアドバイスいただいていた。給水で自分が取り遅れて、海外選手と差が出るより、1番で給水を取ってそこから勝負していく方がスムーズにレース展開できると話していた。29キロくらいからは自分で行くという気持ちで走っていた。30キロまではジョグ感覚というと言い過ぎですが、ゆとりを持って走れたらと思っていた。途中、ちょっと設定より速いかな、と思っていたけど『いいぞいいぞ』と思って走っていました」

――雨の降る悪天候だった。気にはならなかったか。

「気にならなくはなかったけど、去年の東京マラソンと似た環境だったので、あまりネガティブには考えず、これまでの練習は今日みたいな雨に負けるようなものじゃないと思って、今までやってきたことを信じて走りました」

――五輪を決めた今の気持ちは。

「中学生くらいから東京五輪に出たいとぼんやり思っていて、実業団でそれが近い位置までくることができて。思っていたことを今手にすることができたのはうれしいし、五輪決められたんだなと。そこまであまり実感はないかもしれない」

――日本の女子マラソンに対するイメージは。

「マラソンだと高橋尚子さん、野口みずきさん、有森裕子さん。私もいつか(五輪で)走ってみたいなという感じだったけど、高校の恩師の後押しで『マラソンで行けるぞ』と。そういう一言がきっかけで、ワコールでは東京マラソン、東京五輪に出たいと言ったのを覚えている」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集