[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

途中棄権の福士加代子は取材応じず 去就は未定、所属先監督「終わりは彼女が決める」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。日本陸上界初の5大会連続五輪出場を目指していた福士加代子(ワコール)は30キロ過ぎに途中棄権した。

途中棄権で五輪5大会連続出場には手が届かなかった福士加代子【写真:石渡史暁】
途中棄権で五輪5大会連続出場には手が届かなかった福士加代子【写真:石渡史暁】

途中棄権で五輪5大会連続はならず、37歳の今後について永山監督「全く考えてない」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。日本陸上界初の5大会連続五輪出場を目指していた福士加代子(ワコール)は30キロ過ぎに途中棄権した。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 雨が降りしきる悪条件の中、スタートから先頭集団についた福士は後方で様子をうかがいながらレースを展開。しかし、30キロ地点は、一山麻緒(ワコール)ら先頭が1時間40分30秒に対し、福士は1時間47分19秒の22位だった。代表内定は絶望的な状況となったが、懸命に歩を進めた。ここから大きくペースを落とし、30キロ過ぎに途中棄権。一山のゴールから約1時間遅れでゴール地点には姿を現した。

 一山と福士が所属するワコールの永山忠幸監督は、レース後に取材対応。一山をゴールで迎えるため、福士は自ら決断を下したという。「自分の判断でやめている。これは1枠を争うレースですから。それに届くかどうかでの判断だと思います。(1月の)大阪国際よりは状態をつくれていたと思いますけど、彼女の場合はレース環境がマッチしなかったのだと思います。スタート前までのコンディションはさほど問題ではなかった」と振り返った。

 五輪4大会、世陸5大会に出場し、25日に38歳となる大ベテラン。東京五輪出場の夢が原動力だったが、14度目のフルマラソンはまさかの結末となった。それでも、後輩の一山が最後の切符を獲得。永山監督は福士の影響力の大きさを称えた。

「ここまで日本の陸上界を牽引してくれた。本人も5回目の五輪を目指しましたけど、ちゃんと自分の後輩が5回目(の五輪)につないでくれた。彼女の存在が大きかったですし、彼女のトラックのスピードとか、マラソン練習の成功、失敗例が私の中の(指導者としての)スキルアップにつながった。一山の努力はさることながら、チーム全体で勝ち取った優勝だと思います」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集