[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陥落ワイルダー、“衣装重すぎ発言”に大ブーイング「最悪な言い訳だ」「黒歴史」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。早い回で足が止まり、いつものような強打が見られなかったワイルダー。まさかの敗因に入場時の重すぎるコスチュームを挙げていたが、これに海外ファンからは大ブーイングが上がっている。

デオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
デオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

18キロの入場コスチュームが「重すぎた」と発言

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。早い回で足が止まり、いつものような強打が見られなかったワイルダー。まさかの敗因に入場時の重すぎるコスチュームを挙げていたが、これに海外ファンからは大ブーイングが上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ワイルダーは入場から消耗していた。まるで甲冑のようなド派手な衣装をまとい、さらに王冠つきで、目の部分がオレンジ色に光るフルフェイスのヘルメットのようなものまで着用している。まるで戦隊ヒーローものの悪役のような出で立ち。世紀の再戦の盛り上げに一役買ったのは間違いないが、実は総重量は40ポンド(約18キロ)もあり、これが体にダメージを与えていたという。

 海外メディアの報道では、ワイルダーは「ただ1つ言えることは、私のコスチュームはとても重かったということだ」「試合の序盤、私の足は機能しなかった。そして第3ラウンドには最初から最後までダメダメだった。1度前夜に試着したのだが、こんなに重いとは思わなかった」などと入場時のコスチュームに敗因を求めていたが、これに海外ファンはブーイング。米スポーツ専門局「ESPN」が公式インスタグラムでこの発言を伝えたところ、コメント欄には異論が続々と集まっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集