[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、3団体統一戦が次の目玉カード 米放送局が脚光「2020年のハイライトだ」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、挑戦者のタイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝利。ど迫力の乱打戦に世界が沸く中、米テレビ局は「2020年のハイライトはナオヤ・イノウエ対ジョンリエル・カシメロだ」と注目。ヘビー級のメガバトルに続く、今年のボクシング界のハイライトとして、4月25日(日本時間26日)に予定されているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の3団体統一戦に注目している。

井上尚弥【写真:小倉元司】
井上尚弥【写真:小倉元司】

ワイルダー―フューリー戦に続く注目カードにピックアップ

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、挑戦者のタイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝利。ど迫力の乱打戦に世界が沸く中、米テレビ局は「2020年のハイライトはナオヤ・イノウエ対ジョンリエル・カシメロだ」と注目。ヘビー級のメガバトルに続く、今年のボクシング界のハイライトとして、4月25日(日本時間26日)に予定されているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の3団体統一戦に注目している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

「2020年のボクシング界のスケジュールはマイキー・ガルシア対ジェシー・バルガス、ナオヤ・イノウエ対ジョンリエル・カシメロ戦がハイライトだ」と特集したのは米テレビ局「CBSスポーツ」だった。

「ボクシング界は序盤に何試合かのビッグバウトが行われ、2020年に最高の滑り出しを見せた。2月にWBCヘビー級の王冠をかけたタイソン・フューリーのデオンテイ・ワイルダー相手の決定的なTKO勝利以上のものは存在していない」

 フューリーのリベンジ勝利を今季序盤戦最大のメガバトルと評価する一方で、記事では「ナオヤ・イノウエやシャクール・スティーブンソンのようなライジングスターの次戦もカレンダーに入っている」と指摘。WBO世界スーパーフェザー級王者スティーブンソンとともに、聖地ラスベガス初上陸となるモンスターの3団体統一戦も2020年のハイライトとしてピックアップしている。

 井上は昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝の元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)は海外の各メディアなどで2019年度の年間最高試合に選出されたばかり。米国ではスポーツ専門局「ESPN」で生中継される予定の3団体統一戦だが、現地でもモンスター上陸戦はヘビー級頂上決戦に続くハイライトとして期待を集めている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集