[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野中生萌「もういい加減にして」 五輪代表2枠目の争い、CAS裁定ずれ込みに胸中吐露

東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪出場を目指す野中生萌(みほう・XFLAG)は3位となった。東京五輪出場基準の解釈を巡り、日本協会がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しているが、裁定結果が出るのは早くて4月。残り1枠をかけた争いが宙に浮いている状態に、野中は心境を吐露した。大会は17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝し、9日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。

CASの裁定ずれ込みに複雑な胸中を吐露した野中生萌【写真:浜田洋平】
CASの裁定ずれ込みに複雑な胸中を吐露した野中生萌【写真:浜田洋平】

東京五輪新種目のスポーツクライミング、どうなる代表2枠目

 東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪出場を目指す野中生萌(みほう・XFLAG)は3位となった。東京五輪出場基準の解釈を巡り、日本協会がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しているが、裁定結果が出るのは早くて4月。残り1枠をかけた争いが宙に浮いている状態に、野中は心境を吐露した。大会は17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝し、9日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。

【特集】人生2度目のマラソンでオリンピック出場内定 可能性を探り続ける探究の道 / マラソン・鈴木亜由子インタビュー(GROWINGへ)

 五輪には1か国から最大で男女2人ずつが出場。日本協会は8月の世界選手権7位以内の日本人最上位を五輪代表とし、女子は野口啓代(あきよ・TEAM au)が内定した。当初の解釈なら5月の複合ジャパンカップで有資格者同士が残り1枠が争う状況となるはずだったが、世界選手権後に国際連盟が内定基準の解釈を変更した。

 国際連盟の新解釈なら野中は内定となるが、日本協会は当初の解釈にするようにCASに提訴中。4月1日に公聴会が設定され、問題の決着が大幅にずれ込むことになる。代表争いが宙に浮いている状況に、野中は「もういい加減にしてくれよとは正直思う」と苦笑い。「(自分が)いくら枠に入っているとはいえ、決まっていない選手と同じ立場。モヤモヤ感、ストレスは感じる」と胸中を明かした。

 すでに代表に内定していれば、五輪本番を見据えた大会スケジュールや練習を組むことができる。「なるべく早く決めてほしい」と早期決着を願った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集