[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太と対戦浮上のカネロ 英紙は地元勢との激突を待望「彼の価値を一層高める」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)はパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)とのメガマッチ実現の可能性が浮上しているが、英紙「デイリー・スター」は地元勢の対戦候補の存在も推している。

村田諒太(左)とサウル・アルバレス【写真:Getty Images】
村田諒太(左)とサウル・アルバレス【写真:Getty Images】

スミス&サンダースの英国勢との対戦に期待「惑星最高の選手の1人だ」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)はパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)とのメガマッチ実現の可能性が浮上しているが、英紙「デイリー・スター」は地元勢の対戦候補の存在も推している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 5月に予定されるカネロの次戦に村田が浮上する一方、英国からは待ったの声が出ている。記事では、カネロの対戦相手について「英国人の方がより多くを提供できる」と見出しで触れ、特集を展開している。

 記事によると、カネロの次戦相手の本命に村田が浮上していると指摘。「サウル・カネロ・アルバレスは次なる相手を依然として検討しているが、日本のリョウタ・ムラタとの激突にかなり惹かれている」と報道している。

 ただし、WBA世界スーパーミドル級王者カラム・スミス、WBO同世界王者ビリー・ジョー・サンダースという英国勢も対戦相手に候補として報じられている現状から、地元紙としては母国の選手との対戦を主張している。

「日本行きかムラタをベガスに呼ぶことはサッカーチームのプレシーズンツアーと同義だ。新たな市場を開拓にはなるだろうが、サンダースかスミスは惑星最高のファイターの1人であることから、彼の価値を一層高めることになるだろう」

 一方で、村田戦には別の意義も存在するという。「日本のムラタが対戦相手の本命に浮上することは、アルバレスとDAZNの市場価値を極東で高めることにつながる」と分析。日本のスター選手との対決は新たな価値を生み出すことにも触れていた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集