[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米国代表は1年前から食事プラン準備 東京五輪を戦う選手たちの心癒す「食」の存在

「栄養素」以上に大切なエッセンスの詰まった食事

 多くの家庭で食べられているシリアルなので、子どもたちの間では「Weet-Bixを何個食べられた?」を競うのが、昔からある光景のようです。以前、ニュージーランドの栄養士から、「プロのラグビー選手は子供の頃に食べたWeet-Bixの数を自慢する」と聞き、なるほど、大人になってからもネタになるほどの定番なのか、と面白かったです。

 南アフリカのスポーツ栄養士から上がってきたコンフォード・フードの一つが、試合後のバーベキュー。牛肉のステーキやラムチョップ、ハーブのきいたソーセージを焼き、パンやコーンミールのおかゆを付け合わせにして、トマトや玉ねぎ、唐辛子入りのピリ辛ソースを食べるそうです。

 アスリートたちは、常に低脂肪にこだわり、体脂肪率や体重管理のため、ストイックな食事を徹底していると思われるかもしれません。しかし、大変な緊張感のなか、試合に臨む彼らにとって、コンフォード・フードは「栄養素」以上に大切なエッセンスの詰まった食事なのです。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集