[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

社長になり、五輪で銀メダルも獲得 女子バスケ日本代表主将の確固たる「キャリア観」

心の底からバスケットボールが好き――。そんな純粋な想いが言葉の端々から溢れ出るのは、女子日本代表主将として東京五輪で銀メダルを獲得した髙田真希だ。

女子バスケ日本代表主将と一般企業の社長の二足の草鞋を履く髙田真希選手【写真:Getty Images】
女子バスケ日本代表主将と一般企業の社長の二足の草鞋を履く髙田真希選手【写真:Getty Images】

東京五輪銀メダルに大貢献、髙田真希が貫くバスケットボール愛

 心の底からバスケットボールが好き――。そんな純粋な想いが言葉の端々から溢れ出るのは、女子日本代表主将として東京五輪で銀メダルを獲得した髙田真希だ。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / 女子バスケットボール 髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 所属するWリーグのデンソーアイリスでは今季、主将の稲井桃子を支える副将を拝命。11月7日の新潟アルビレックス戦では18得点を挙げ、Wリーグ通算得点記録で歴代トップに立った。14年目のベテランは、五輪後に高まった女子バスケットボール界への注目を持続させるために「まずはアスリートとしてプレーで魅せていくのは最低限必要なこと」と話していたが、まさに有言実行。ディフェンスをかいくぐりながらシュートを決めたり、絶妙な角度から3ポイントシュートを決めたりする姿に魅せられるファンは多い。

 コート上では気迫あふれるプレーが印象的だが、試合終了の合図を聞けば、その顔に浮かぶのは人懐こい笑顔だ。「やっぱり純粋にシュートが入った時の喜びは、自分自身でプレーしていても楽しいと思いますし、スピード感や攻守の切り替えの速さ。これも魅力の一つかなと思います」と語る姿は、バスケットボール愛の塊だ。

「女子バスケットボールをもっと多くの人に知ってもらいたいし、広めたい」と、2020年4月6日には株式会社TRUE HOPEを設立。オンラインサロン「髙田真希 女子アスリート社長室」を開設したり、YouTube「髙田真希チャンネル」で発信したり、銀メダル獲得後は積極的にメディア出演したり。そこには「普段バスケットを見ない方にも『こんな選手がいるんだ。試合を見てみたいな』と思っていただけるきっかけになる」という想いが込められている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集