[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

僅か3か月で6社内定 元ヤクルト“左キラー”の転職成功談「可能性を決めつけないで」

日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、戦力外通告を受けて現役生活に終止符を打ち、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。

元ヤクルト久古健太郎が転職成功談を語る【写真:本人提供】
元ヤクルト久古健太郎が転職成功談を語る【写真:本人提供】

連載「Restart――戦力外通告からの再出発」第4回、久古健太郎はコンサル会社に転職

 日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、戦力外通告を受けて現役生活に終止符を打ち、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。

 そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第4回は2015年にヤクルトのリーグ優勝に貢献し、現在は大手コンサル会社「デロイト トーマツ コンサルティング」に務める34歳・久古健太郎さん。

 左の中継ぎ投手として通算228試合に登板。29歳で発症した不整脈と闘いながら、32歳の18年まで現役を続けた。同年10月に戦力外通告を受けて引退。転職活動はわずか3か月弱で6社の内定を掴み、東大生らにも志望先として人気のコンサル会社に入社した。「プロ野球選手→コンサルタント」という、ほぼ前例のないジョブチェンジをどう実現したのか、経緯を語ってくれた。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

「クライアントの悩みを解決していくところが、一番のやりがい。野球選手の時は、アスリートとして自分の問題を自分で解決してきた。それをビジネスという影響の大きい規模で取り組めることに責任とやりがいを感じます」

「デロイト トーマツ コンサルティング」でコンサルタントとして活躍する久古さんは、オンライン取材で今の仕事のやりがいをこう語ってくれた。19年2月に入社し、今年で3年目。あるJリーグクラブのファンを増やすプロジェクトや、官公庁と連携した業務などに関わってきた。

 整った髪に、理路整然とした話しぶり。しかし、32歳で入社当初は「(会議などで)何を話して良いかも分からなかった」と苦笑いする。横文字が多いビジネス用語には「何だそれは……」と頭に疑問符がたびたび浮かび、タイピングもままならない中で会議の議事録をとることから始めた。

 それでも、今では立派にプロジェクトに関わる一員だ。「デロイト トーマツ」といえば、東大など有名大学の学生の「入社したい企業」上位に名前が挙がる人気企業。プロ野球選手が、そんなコンサル大手に入社するまで、一体どんな経緯があったのだろうか。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集