[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳で戦力外通告、3日後にもう就活 元ロッテ選手がこんなに潔く現役を諦められた理由

戦力外通告後にきっぱりと引退を決めた肘井さん。若手選手の意見を吸い上げられることにも意義を感じている【写真:宮内宏哉】
戦力外通告後にきっぱりと引退を決めた肘井さん。若手選手の意見を吸い上げられることにも意義を感じている【写真:宮内宏哉】

19歳で開幕1軍入り、斎藤佑樹からプロ初安打も22歳で戦力外に

 肘井さんは“スカウト”されて現職に就いている。現役時代、様々な競技のアスリートが学校で夢に関する授業を行うJFA主催の「夢の教室」に「夢先生」として参加。小学校で1クラスを担当した際、子どもたちとの交流で優れたコミュニケーション能力や発信力を発揮し、事務局から高く評価されていた。

 引退決断後に連絡を受け、検討した末に入局を決意。就職して3年目を迎えている。最初は出来ないことも多かったが、苦労と感じたことはない。

「飛行機のチケット、ホテルも現役の時は自分で予約することもなかった。何もわからないところからとれるようになったとか、最初はそんなことですよ。苦労と思えば苦労なんでしょうけど、知るってこんなに楽しいんだというのが大きいです」

 12球団の主力選手とも関わることが増え、「この人ってこういうこと考えてたんや、こうだからこういう風になれるんや」と感心することも多々ある一方で、若手選手の意見を吸い上げられることにも意義を感じている。

 野球界の制度について質問、要望を受けることも多いが、私生活に関すること、些細な事務的なことでも頼って連絡してもらうことが、年齢が近く、選手経験もある自分にしかできないことであり、仕事の喜びの1つになっている。

「どうしても選手会はレギュラークラスが動かしているイメージがあり、あまりミーティングで若手選手が話すことはなかったと思うんですけど、自分が入ったことで若い人たちが(選手会に)目を向けてくれるようになってきているのかなと。選手は、レギュラーじゃない人の方が多いので」

 現役時代は拡声器を片手に勝利後の場内を盛り上げ、ファン感謝デーで面白コメントを残すなど、熱いロッテファンの心を掴んでいた肘井さん。プロ5年目の18年10月1日に戦力外通告を受けたが、長打力を武器に高卒2年目で1軍昇格を果たすなど、将来を期待された1人だった。

 兵庫・北条高では強打の捕手として通算46本塁打。13年、育成ドラフト1位でロッテに入団し、外野手に転向した。「自分でも順調すぎると思うくらい、ゲームの世界のように成績も上がっていた」と振り返るように急成長。プロ2年目の15年3月に支配下登録を勝ち取り、背番号も「122」から「69」に変わった。

 同年、外野手は荻野貴司、清田育宏、角中勝也、岡田幸文ら実力者が揃っていたが、伊東勤監督に打力を買われ、19歳で開幕1軍入り。「8番・左翼」で初スタメンとなった4月2日の日本ハム戦では斎藤佑樹から適時二塁打を放ち、プロ初安打初打点を記録している。

 さらなる飛躍を目指し、2軍で経験を積んでいた同年9月、イースタンリーグの試合で顔面に死球を受けて鼻骨などを骨折。戦線離脱を余儀なくされ、以降は左投手との対戦打率が急落するなどセールスポイントの打撃に狂いが生じた。

 戦力外通告を受けた時はまだ22歳、大卒世代なら社会人1年目の年だった。ただ、ネガティブな感情は一切、生まれなかった。現役続行を目指すなら、12球団の編成担当らの前で実力をアピールする場であるトライアウトに挑む選択肢もあったが、参加せずきっぱりと引退を選んだ。

 なぜ切り替えられたのだろうか。理由は、現役最終年に選手生活を全うできたと思えたからだという。支配下選手となってから初めて1軍未出場に終わったにも関わらず、だ。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集