[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

私が「通信制高校」を選択したワケ 畑岡奈紗が送る、進路に悩むジュニア世代への言葉

今、日本女子ゴルフ界を大いに盛り上げている「黄金世代」。1998年4月から99年3月生まれの同学年には、昨年の全英オープン覇者・渋野日向子、今年の日本女子オープンの勝者・原英莉花の他、勝みなみ、河本結、小祝さくら、新垣比菜、大里桃子ら、日本ツアー優勝経験者が名を連ねる。実力と話題性を兼ね揃えた黄金世代の中でも、抜群の安定感で頭一つ抜き出た活躍を見せるのが、世界ランキングで日本人トップの7位につける畑岡奈紗だ。

畑岡奈紗【写真:Getty Images】
畑岡奈紗【写真:Getty Images】

大好きなゴルフに専念するため、通信制高校へ進学を選択

 今、日本女子ゴルフ界を大いに盛り上げている「黄金世代」。1998年4月から99年3月生まれの同学年には、昨年の全英オープン覇者・渋野日向子、今年の日本女子オープンの勝者・原英莉花の他、勝みなみ、河本結、小祝さくら、新垣比菜、大里桃子ら、日本ツアー優勝経験者が名を連ねる。実力と話題性を兼ね揃えた黄金世代の中でも、抜群の安定感で頭一つ抜き出た活躍を見せるのが、世界ランキングで日本人トップの7位につける畑岡奈紗だ。

【特集】プロ転向で掲げた3つの目標 NASAが刻む日本女子ゴルフ界の新たな歴史 / ゴルフ・畑岡奈紗インタビュー(GROWINGへ)

 17歳で出場した「日本女子オープン」で、国内メジャー史上初となるアマチュア優勝。その直後、日本女子ゴルフ界では史上最年少でプロ転向を果たすと、翌年から米LPGAツアーを主戦場とし、世界の舞台で戦ってきた。2018年の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で米ツアー初優勝を飾り、ここまで3勝を記録。国内ツアーで挙げた5勝のうち4勝がメジャータイトルというのだから、スケールが違う。

 プロ転向から4年。これまで何度となく「史上初」「史上最年少」の文字を躍らせてきた21歳だが、「あの選択をしなければ、今の自分はない」と思う岐路がある。それが、中学3年生の時に選んだ「通信制高校への進学」だ。

 11歳からゴルフを始めると、すぐに競技の魅力に取り憑かれた。進学した地元中学では「ゴルフにもいいトレーニングになると思って」と陸上部に所属。部活が終わって19時前に帰宅すると、夕食を済ませた後でゴルフの練習に出掛け、2時間ほど打ち込んだ。そんな“二足のわらじ”の生活はタフに見えるが、ゴルフをする楽しさが何にも勝り、「あまり疲れたとは思わなかったですね」と笑いながら振り返る。

 中学生と言えば、進路に頭を悩ます日々を送る。だが、畑岡にとっては難しくない選択だった。「中学生になって徐々に試合に出始めて、そこからだんだんプロになりたい気持ちが出てきました」。目標が定まると、自ずと進むべき道が見えてきたという。

「まず、高校はゴルフ部があるところを選びました。あとは、普通の高校には行かず、ゴルフの練習をたくさんできるように通信制にしたこと。ここが一つ、大きな選択だったのかなと思います」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集