[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢の渡米にコロナの壁 留学7日で帰国も…異例挑戦18歳MFに「不安はない」理由

世界中に暗い影を落としている新型コロナウイルスの影響は、夢を追って海を渡る若者にも及んでいる。1月の第98回全国高校サッカー選手権で神戸弘陵の主将として3得点したMF沖吉大夢(たいむ)。米国の大学への進学が決まっているが、渡米時期は不透明に。語学留学先のフィリピンからも緊急帰国を余儀なくされたが、本人はブレずに目標を見据えた日々を送っている。優れたメンタリティを持つ18歳は、不安な時期を過ごしている後輩たちへエールを送った。

主将として神戸弘陵を引っ張ってきた沖吉大夢【写真:宮内宏哉】
主将として神戸弘陵を引っ張ってきた沖吉大夢【写真:宮内宏哉】

米大学へ進学予定の沖吉大夢が、コロナ禍の後輩へ伝えたいメッセージとは

 世界中に暗い影を落としている新型コロナウイルスの影響は、夢を追って海を渡る若者にも及んでいる。1月の第98回全国高校サッカー選手権で神戸弘陵の主将として3得点したMF沖吉大夢(たいむ)。米国の大学への進学が決まっているが、渡米時期は不透明に。語学留学先のフィリピンからも緊急帰国を余儀なくされたが、本人はブレずに目標を見据えた日々を送っている。優れたメンタリティを持つ18歳は、不安な時期を過ごしている後輩たちへエールを送った。

 主将として神戸弘陵を4年ぶりの選手権16強に導いた沖吉。英語の習得に加え、米MLS(メジャーリーグサッカー)で活躍する夢の実現のため、今秋9月から米ユタ州のソルトレイクコミュニティカレッジに入学することになった。海外への挑戦を支援する株式会社「WithYou」を介してプレー動画を各大学に送ったところ、複数の入学オファーがあったという。

「費用全額免除の大学もあったみたいですが、そこに行ったからと言ってプロに近いか、など考えていくとそうではなかったりしました。ある程度レベルは上の方がいいし、僕の考えなども伝えさせてもらって、ベストな条件として会社(WithYou)が勧めてくれた大学に決めました」

 レベルの高さや環境、費用面などの条件を考慮して最善の選択をした。7月渡米、9月入学のため、高校卒業後にフィリピンで3か月の語学留学をして備えるつもりだったが、新型コロナウイルスに予定を狂わされることになる。

 語学留学直前、地元の神戸にも留学先のセブ島にも感染者は出ていなかったが、ウイルスがニュースで話題になりつつある頃だった。セブ島の学校側に状況を問い合わせたところ、授業を提供するには問題がなく、予定通り行う通達があったため現地へ飛んだが、待ち受けていたのは予想外の連続だった。

 到着翌日、学校側から突然の休校が伝えられた。数日後には政府から17時以降の外出禁止が発令され、生活必需品を買いにスーパーに行ったり、気分転換に学校のプールで泳いだりする以外は、自室でひたすら英語教材と向き合う日々に。セブ島の感染者は「1人いたかいなかったか」という状況だったが、まもなく島のロックダウンを政府が決めたため日本へ緊急帰国することになった。滞在できたのはわずか1週間。授業は結局1度も受けることができなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集